バイオ・メディカル
バイオフィルムは水と接するあらゆる表面に形成されることから、医療から海洋建造物まで、多岐の分野で防止対策が行われています。
同時に、有用生物を固定化させることで環境汚染対策などに活用する例も見られています。
本書ではこのバイオフィルムの2つの面とあわせ、ブレークスルーの可能性も含め紹介します。
 
2008年2月4日
本体41,400円+税
432頁
B5
ISBN978-4-86043-150-1
 
執筆者 計49名
 
 
第1編 基礎編

特性

解析事例
 
第2編 応用編1 形成防止、除去技術

微生物制御の基礎と環境対策動向

バイオフィルム形成防止具体事例
 
第3編 応用編2 有効利用技術

バイオフィルムの環境浄化への可能性とリスク管理

バイオフィルムの有効利用具体事例
 
将来展望
 
Copyright (C) 2008 NTS Inc. All right reserved.