バイオ・メディカル 試読不可
複数メーカーの中から、ふるいに掛けられ、絞り込まれ、薬剤が選択される基準とは?
 
■ 本書のポイント 
◆ 本書が解決する7つのポイント! ◆ 
@ 販売チャネル毎の営業戦略をどう構築するのか?
・保険薬局、エリア販売、医療機関が期待する情報提供の内容、
 MRの活かし方とは!

A バイオシミラーの事業化を成功させるには?
・今後狙うべき抗体とターゲットとは?  コストを最小化、
 利益を最大化する最適事業ストラクチャーとは!

B ジェネリック医薬品、バイオ後続品の申請資料
 (臨床データパッケージ)のまとめ方とは?
・生物学的同等性試験、バイオ後続品に特徴的な安全性対策、
 効能・効果の外挿可能性、製造販売後調査対策は?

C 有効性、安全性以外で選ばれる理由は? どこで
 差つけるのか?
・販売名の工夫、形状、強度,柔軟性、味覚、包装、外観、
 大きさ、携帯性、保存性で差を付ける!

D 各疾患領域でのジェネリック医薬品の使用実態と
 切り替え判断基準とは?
・緑内障治療薬、好中球減少症治療薬、皮膚疾患治療薬、
 精神・神経系薬剤、腎性貧血治療薬、抗リウマチ薬

E 16の大学病院、地域病院でのジェネリック、
 バイオ後続品の採用選択基準とは?
・積極的に切り替え、採用が進む薬と、どうしても
 変えられない薬があるのはなぜか?

F 無効審判を請求された場合の対策とは?
・無効審判の請求書からどのようにして、
 相手方の狙い、意図を読み取るのか!!

2015年5月29日
本体80,000円+税 → フリープライス 30,000円+税
本体30,000円+税
 ※アカデミック価格の適用は、
   エヌ・ティー・エスホームページをご覧ください。
389頁
A4
技術情報協会
 
執筆者 計70名

国内外でのジェネリック医薬品の薬価、医療制度

ジェネリック医薬品のマーケティング戦略

販売先別のジェネリック医薬品の営業戦略

これからのジェネリック医薬品の事業戦略

ジェネリック医薬品の製造販売承認のための試験の進め方とデータ取得

バイオシミラー事業の成功策

バイオシミラーの開発・申請戦略

医師、薬剤師、患者に選ばれる剤形開発

各疾患領域でのジェネリック医薬品の使用実態と切り替え判断基準

各医療機関におけるジェネリック医薬品の採用選択基準

ジェネリック医薬品・バイオシミラーを販売するための特許調査、無効審判への対策

各自治体におけるジェネリック医薬品促進のための取り組み
 
 
ジェネリック医薬品・バイオ後続品の開発と販売・マーケティング戦略 Copyright (C) 2015 NTS Inc. All right reserved.