化学・化学工学 試読不可
革新的次世代蓄電池開発に向けた産官学の総合技術を結集!!
≪実用レベルでの信頼性・電池性能・低コスト化を実現する≫
 
■ 本書のポイント 

電池性能を決定する材料!
その“材料革新”を実現するための最新技術を収録!!

1.技術ロードマップとビジネスチャンス
・性能、価格、信頼性、安全性の総合的な評価基準
・環境問題を考慮した新しい材料/製造プロセス技術
・電動車両、電力貯蔵装置、モバイル機器、、、有望市場を探る

2.従来の性能を凌駕する“改良型”リチウム二次電池
・新規高容量正極/負極の特徴と集電体・バインダーの対応
・電解液(質)の選択法と耐酸化性/難燃性の向上
・セパレータの各種製法と高耐熱/高安全化技術
・国内外の事故事例から見た求められる電池性能とは?

3.キャパシタ(LIC/EDLC)の高容量化技術
・LICとEDLCの特性比較と用途展開
・“容量の少なさ”を解決する材料技術
・プレドーピング深度とデバイス性能
・電極活性炭の測定/評価のコツ

4.全固体二次電池の高出力化と高イオン伝導化
・“燃えない電池”の実現に求められる材料/製造プロセス技術
・イオン伝導メカニズムと導電率の温度依存性
・電極 - 電解質界面修飾による高出力化
・有機溶媒系のイオン伝導率を超える新しい超イオン伝導体

5.空気電池の空気極反応メカニズムと二次電池化
・各種空気二次電池の構成部材と要求特性
・空気極用新規触媒の設計法
・金属負極、電解質、セパレータの最適化のための考え方
・究極の二次電池とされるLi−空気二次電池の現状と課題 

6.マグネシウム二次電池の金属Mgの析出・溶解反応
・公害とは無縁、環境にやさしい蓄電池
・金属Mg負極の特性とそれに適した正極材の条件
・電解液、電解質塩の選択と制御方法
・電解液の組成と集電体材料の安定性

7.ナトリウム二次電池の高容量化とサイクル特性向上
・実用化に向けた材料設計と課題の洗い出し
・電解質への低融点溶融塩利用による容量改善
・高電圧化とサイクル特性を向上するための電極設計
・高容量ナトリウム二次電池の電池構成と安全性評価

8.有機二次電池の劣化メカニズムとその対策
・有機二次電池が目指す先とそこに求められる材料技術
・低い活物質充填量を改善するための分散技術
・有機活物質の反応性を制御するための電解液の選択
・電解液に対応して親和性の良いセパレータ

9.最終製品メーカーからの要求特性と採用基準
・トラブル事例から見た今後の開発の方向性
・採用の決め手となる性能とコストのバランス
・各用途における周辺部材からの影響
・実使用時の状況を踏まえた安全性試験/評価


2013年12月
本体95,000円+税 → フリープライス 30,000円+税
本体30,000円+税
  ※アカデミック価格の適用は、
   エヌ・ティー・エスホームページをご覧ください。
829頁
A4
技術情報協会
 
執筆者 計135名
 
 

次世代畜電池の開発と技術ロードマップ 〜これから必要とされる材料/製造技術 〜

次世代蓄電池としての【リチウム二次電池】に求められる“新しい蓄電材料”と製造技術

次世代蓄電池としての【キャパシタ(LIC/EDLC)】に求められる“新しい蓄電材料”と製造技術

次世代蓄電池としての【全固体二次電池】に求められる“新しい蓄電材料”と製造技術

次世代蓄電池としての【空気二次電池】に求められる“新しい蓄電材料”と製造技術

次世代蓄電池としての【マグネシウム二次電池】に求められる“新しい蓄電材料”と製造技術

次世代蓄電池としての【ナトリウム二次電池】に求められる“新しい蓄電材料”と製造技術

次世代蓄電池としての【有機二次電池】に求められる“新しい蓄電材料”と製造技術

各応用分野におけるトラブル事例とユーザーの求める次世代畜電池性能・採用基準
 
 
次世代蓄電池の【最新】材料技術と性能評価 Copyright (C) 2013 NTS Inc. All right reserved.