化学・化学工学 試読不可
「触感の改良」「安定性の改善」「刺激応答性の付与」 ⇒ 低添加量で機能を発現させるには?
最適な添加量と添加のタイミングは?  たくさんのゲル化剤からどう選び、どう配合するか?
 
2018年2月
本体80,000円+税
本体30,000円+税
 ※アカデミック価格の適用は、
   エヌ・ティー・エスホームページをご覧ください。
691頁
A4
技術情報協会
 
執筆者 計68名
 
 

各種ゲル化・増粘剤としての特性と活用事例

オイルゲル化剤の開発と応用事例

新しい増粘剤の開発と応用事例

「強い、硬い、柔らかい」ゲルの調整法は?

ゲルを安定化させる技術

「刺激応答性」ゲルを作製するには?

「分子応答性」ゲルを作製するには?

「ドラッグデリバリー機能のある」ゲルの調製・開発

再生医療、細胞培養用途としてのゲル開発

生体吸収性材料としてのゲル開発

食品へのゲル化剤・増粘剤の活用とゲル作製法

その他の医療材料へのゲルの応用とゲル化技術

エマルションへのゲルの応用とゲル化技術

化粧品へのゲルの応用とその調製

分離・吸着剤、抗菌材料としてのゲル開発
 
ゲル化・増粘剤の使い方、選び方事例集 Copyright (C) 2018 NTS Inc. All right reserved.