環境 試読不可
震災から4年,汚染水対策の課題克服,農地・家屋・学校における除染目標値達成のために!
鉛やレアメタルに頼らない遮蔽素材」,「低コストな吸着材と除染作業の高速化」,「福島事故後の実証実験例」など127名の専門家が築いた知恵を凝集!
放射性セシウム,ストロンチウム,ヨウ素,γ線,中性子線,ゼオライト,タングステン,防護服,水処理,仮置き場,廃炉など
 
■ 本書のポイント  
≪皆様のこんな悩みに応えます!≫

放射性遮蔽,放射性物質吸着材料の視点より
  ・材料の比重と遮蔽性能との関係は? 
  ・仮置き場,中間貯蔵地に適した素材とは?
  ・放射線を用いた「医療分野」の知恵と実績に学ぶ 
  ・植物や微生物など生物由来の新しい吸着技術とは?

除染の実務,放射線計測の視点より
  ・チェルノブイリやスリーマイル島と福島原発事故との比較 
  ・除染廃棄物の減容化および隔離・保管法とは?
  ・汚染水,水溶性放射性物質からの効率的な分離・回収法
  ・測定用マーカー素材の開発,放射線測定の信頼性

政策,経済性,作業員安全性の視点より
  ・除染作業計画,規格基準,経済性と新規参入の動き 
  ・マスク,保護衣類,ルール作り,緊急対応の考え方
  ・工事車両,建設重機の放射線管理と洗浄法
  ・食品や海外輸出品への放射線検査の実情 


2014年11月28日
本体80,000円+税 → フリープライス 30,000円+税
本体30,000円+税
  ※アカデミック価格の適用は、
   エヌ・ティー・エスホームページをご覧ください。
633頁
A4
技術情報協会
 
 
執筆者 計127名
 

放射線を遮蔽する材料,応用と課題−素材・シート・コーティング編−

放射線を遮蔽する材料設計,応用と課題 −各種製品編−

放射性物質を吸着・分離する材料,応用と課題 −素材編−

放射性物質を吸着・分離する材料,応用と課題 −薬剤,部材,設備編−

放射線検知および放射性物質の測定技術とその事例

除染の技術と事例,その効果について

除染や放射性物質対策の規格やガイドライン,法規制について
 
 
放射性物質の吸着・除染および耐放射線技術における材料・施工・測定の新技術 Copyright (C) 2014 NTS Inc. All right reserved.