設備・機械 試読不可
「機械工学便覧」は1934年の初版以来、今回までに7回の改訂を重ねながら、日本の機械工学・技術および産業の発展に寄与してきた。このたび日本機会学会創立100周年を機に企画され、2005年より逐次刊行されてきた基礎編(α編)全9冊を合本して刊行。機械工学に携わる技術者・研究者が専門知識を手軽に確認でき、また機械工学以外の技術者・研究者・学生等が機械工学領域の情報を得られる最新版の便覧。
 
2007年10月25日
本体32,000円+税
1600頁
A4
(社)日本機械学会
丸善(株)
ISBN978-4-88898-162-0
 
 
機械工学便覧 基礎編 α1 機械工学総論

機械工学概説

歴史から見た機械技術

現代の機械工学の構成

現代の機械工学・機械技術と社会の関係
 
機械工学便覧 基礎編 α2 機械力学

静力学

質点系の力学

剛体の力学

摩擦

衝突

線形系の振動

過渡応答・衝撃

非線形振動

自励振動

分岐現象とカオス

不規則振動

連続体の振動

熱・流体と構造系の連成振動

電磁力と構造系の連成振動

波動・音響

往復機械の力学

回転機械の力学

ロボットアームの力学

自動車および鉄道車両の振動

制振および振動・衝撃の絶縁

耐震設計

振動・音響の計算法

計測と信号処理
 
機械工学便覧 基礎編 α3 材料力学

基礎

引張り・圧縮とねじり

はりの曲げ

柱の圧縮・座屈

平板の曲げ

圧力・遠心力などを受ける円板,円筒および球

応用集中,接触応力および接合応力

構造力学

非弾性変形と構造式

材料の強度

破壊力学と界面力学

複合材料の力学

材料試験および実験応力解析
 
機械工学便覧 基礎編 α4 流体工学

流体工学の概要と流体の諸性質

流体静力学

流体力学の基礎式

理想流体の流れ

粘性流体の流れ

乱流理論と乱流拡散

圧縮性流体の流れ

管路内の流れおよび流体中の物体に働く力

流体機械の流れ

非定常流れ

空中音響および水中音響

キャビテーション

自由表面にある流れ

混相流

非ニュートン流体

希薄気体力学

特殊な環境下の流れ

流体実験および計測

流れの数値解析
 
機械工学便覧 基礎編 α5 熱工学

エネルギーおよびエネルギーシステム

熱力学

燃焼

伝熱(物質移動を含む)

熱測定法

熱物性値

分子・マイクロ熱工学
 
機械工学便覧 基礎編 α6 計算力学

計算力学の概説

数値計算法の基礎

応力解析の基礎

構造解析のための有限要素法

構造解析のための境界要素法

固体の離散系シミュレーション

熱流体方程式の選択と離散化手法

非圧縮性流れ解析手法

圧縮性流体の流れ解析手法

熱流体解析のための離散系シミュレーション

連成問題

インテリジェントシミュレーション

シミュレーション支援法
 
機械工学便覧 基礎編 α7 情報・ソフトウェア

情報システム

メカトロニクス

ロボティクス/知能システム

ヒューマンインタフェース

技術情報システム
 
機械工学便覧 基礎編 α8 電気・電子の基礎,化学の基礎
電気・電子の基礎

電気・磁気の基礎性

電子デバイスと電子回路

電気機器とパワーエレクトロニクス

電気計測

電気エネルギーシステム
 
化学の基礎

化学反応の基礎

分離操作
 
機械工学便覧 基礎編 α9 単位・物理定数・数学
第I部  単位および物理定数

単位系と次元

物理定数
 
第II部 数学

代数

三角関数および双曲線関数

微分

積分

微分方程式

複素関数

フーリエ変換

ウェーブレット変換

ラプラス変換

幾何

ベクトルおよびテンソル

確率および統計

数値解析
 
 
 
※購入方法について
★関連書籍のご案内
フレッティング摩耗・疲労・損傷と対策技術大系 〜事故から学ぶ壊れない製品設計〜
ねじ締結体設計大系 〜事故から学ぶ壊れない製品設計の要諦〜
Copyright (C) 2008 NTS Inc. All right reserved.