. .
セミナー・イベントTOPへ戻る


【Live配信・WEBセミナー】有機EL等への塗布型技術の活用
〜各種材料・部材・デバイス・プロセス技術の開発動向と将来展望〜

■日時:2021年01月27日(水) 13:30〜17:30

■会場:※会社やご自宅のパソコンで視聴可能な講座です
※ お申込み時に送られるWEBセミナー利用規約・マニュアルを必ず、ご確認ください。

■定員:30名

■受講料:39,600円(税込、資料費用を含む)
 ※複数でのご参加を希望される場合、お申込み追加1名ごとに¥11,000加算となります

■主催:(株)AndTech

■講師:向殿 充浩 氏 (元・シャープ(株)) 
山形大学 有機エレクトロニクスイノベ―ションセンター 産学連携教授 

■講演主旨:
近年、急速に事業拡大を続けている有機ELディスプレイ等の有機エレクトロニクスデバイスに
おいて、塗布型技術の活用が広がりつつある。本講演では、塗布型技術を用いた有機エレクトロ
ニクスデバイスの概要とその事業動向を説明し、さらに、インクジェットを用いた有機ELディス
プレイ、塗布型ITO代替透明電極技術、塗布膜を用いたバリア技術、ロールtoロール(R2R)印刷
技術を用いた電極形成技術、ロールtoロール(R2R)印刷技術を用いた有機太陽電池技術など、
最近の塗布型技術の進展と課題、将来展望などを紹介する。


1. はじめに

2. 有機ELの基礎
 2-1 有機ELの原理
 2-2 有機ELの基礎技術(材料、デバイス、プロセス、駆動)
 2-3 フレキシブル有機EL
 2-4 有機ELの事業動向と展望

3.有機エレクトロニクスデバイスへの塗布型技術の活用
 3-1 塗布型技術の概要
 3-2 塗布型技術の有用性と課題
 3-3 塗布型技術の材料動向
  3-3-1 塗布型発光材料
  3-3-2 塗布型電子輸送材料
  3-3-3 塗布型正孔輸送材料

4.塗布型技術を用いた有機エレクトロニクスデバイスの概要と動向
 4-1 有機ELディスプレイのRGB画素形成(インクジェット)
 4-2 有機ELディスプレイのバリア層形成
 4-3 有機ELディスプレイへの量子ドットの活用
 4-4 有機太陽電池

5.有機エレクトロニクスデバイス用塗布型技術の開発
 5-1 インクジェットを用いた有機ELディスプレイ
 5-2 塗布型ITO代替透明電極技術
 5-3 塗布膜を用いた有機EL用バリア技術
 5-4 ロールtoロール(R2R)印刷技術を用いた電極形成技術
 5-5 インクジェットによるオンデマンド有機ELパターニング
 5-6 ロールtoロール(R2R)印刷技術を用いた有機太陽電池技術

 5-7 その他
6. おわりに

Copyright (C) 2020 NTS Inc. All right reserved.