. .
セミナー・イベントTOPへ戻る


リチウムイオン蓄電池の残量と劣化状態推定アルゴリズム解説
… モデル化とカルマンフィルタを中心


■開催日時:2021年2月15日(月) 10:30〜16:30

■会場:本セミナーは、当日ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
お申込み前に《こちらのご案内》をご確認下さい。


■受講料:50,000円 + 税  * 資料付
*アカデミック価格 24,000 円 + 税
(★ アカデミック価格:学校教育法にて規定された国、地方公共団体および
学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。
お申込み時に通信欄に「アカデミック価格希望」とお書き添え下さい。)

■主催:(株)シーエムシー・リサーチ

■講師:福井 正博 氏  立命館大学 理工学部 電子情報工学科 教授

【講師経歴】
 1983年 大阪大学大学院 博士前期課程(電子工学専攻)修了
  同年 松下電器産業鞄社
 1989年〜1991年 カリフォルニア大学 バークレー校にて客員研究員
 2003年 立命館大学 理工学部 教授
 2004年 スーパーヒューマン知能システム研究センター長、自動配置配線、高位合成、モジュール
     およびセル合成等 半導体CADおよびシステムLSI設計手法の研究開発に従事。
 最近の興味は地球環境に貢献する電子技術、すなわち、低電力設計、スマートグリッド、数学的
 システム最適化技術など。

【著 書】
 「ビジュアルに学ぶディジタル回路設計」(コロナ社/2010,4 出版)
 「LSI とは何だろうか 半導体のしくみからつくり方まで」(森北出版/2006,11月出版)

【専門分野】
 集積回路設計技術、ディジタルシステム設計、蓄電池シミュレーション、電池回路 。

■趣旨:
 近年、高エネルギー蓄積デバイスとしてリチウムイオン蓄電池が注目されているが、温度特性や
劣化特性の把握が難しいなど、効果的なBMS(バッテリーマネジメント)手法が求められている。
 本セミナーでは、蓄電池やスマートグリッド関連の初学者、若手技術者を対象に、リチウムイオン
蓄電池の基本特性と、そのモデル化手法を理解し、効果的な残量予測や劣化予測に関する基本的な
方法を習得することを目的とする。蓄電池残量に関しては、様々な提案手法を概説し、蓄電池の
温度特性や劣化特性も含めて正しく測定するための手法とMATLABを使った実装例をお話しする。
また、蓄電池劣化に関しても、基本的な、劣化のメカニズムを理解した上で、その診断方法について
解説する。劣化診断や寿命予測に関する最新技術ついても紹介する。

■セミナー対象者:
 初学者、若手技術者

■セミナーで得られる知識:
 リチウムイオン電池の基本特性、モデル化手法、BMSの基本構成と考慮すべきポイント、効果的な
残量予測や劣化予測に関する基本的な方法


           ※ 適宜休憩が入ります。
1.イントロ
 1-1 蓄電池の背景と動向
 1-2 リチウムイオン蓄電池の動作原理

2.蓄電池のモデル化
 2-1 蓄電池の電気的特性、等価回路表現
 2-2 蓄電池の特性測定
 2-3 ナイキスト図から等価回路モデル抽出
 2-4 等価回路パラメータの温度補正
 2-5 等価回路以外の蓄電池モデル化技術

3.高精度残量計
 3-1 カルマンフィルタを用いた高精度残量推定手法
 3-2 高精度化のテクニックと実装

4.劣化のモデル化と診断技術
 4-1 蓄電池の劣化現象とモデル化
 4-2 劣化の測定方法
 4-3 逐次最小二乗法(RLS)の基本アルゴリズム
 4-4 RLSによる等価回路パラメータ抽出

5.劣化診断や寿命予測に関する最新技術

Copyright (C) 2020 NTS Inc. All right reserved.