. .
セミナー・イベントTOPへ戻る


【Live配信・WEBセミナー】ポリウレタンフォームの基礎講座
〜原料・製法・特性・測定・用途・高機能化動向〜

■日時:2021年03月18日(木) 13:30〜16:30

■会場:※会社やご自宅のパソコンで視聴可能な講座です
※ お申込み時に送られるWEBセミナー利用規約・マニュアルを必ず、ご確認ください。

■定員:30名

■受講料:33,000円(税込、テキスト費用を含む) 
 ※複数でのご参加を希望される場合、お申込み追加1名ごとに¥11,000加算となります

■主催:(株)AndTech

■講師:コンサルティングオフィスEIJI 代表 大川 栄二 氏
(元アキレス(株)、日本ウレタン断熱協会 顧問、元ウレタンフォーム工業会 専務理事)

■講演主旨:
ポリウレタンフォームはその持っている多様性から、多岐にわたり活用されています。
その多様性の因子を知ることは、これからポリウレタンフォームの開発や販売に携わる方の
一助となると考え、ポリウレタンフォームの分類・製造方法や物性等の基礎をご説明します。


1.ポリウレタンフォームの分類と用途
 1-1 ポリウレタンフォームの分類 
 1-2 軟質ポリウレタンフォームの用途
 1-3 半硬質ポリウレタンフォームの用途
 1-4 硬質ポリウレタンフォームの用途 

2.ポリウレタンフォームの生成と製造方法
 2-1 ポリウレタンフォームの製造原理
 2-2 ポリウレタンの生成とその原料
 2-3 発泡ガス発生法
 2-4 ポリウレタンフォームの気泡構造
 2-5 ポリウレタンフォームの製造方法
 2-6 軟質ポリウレタンフォームの加工例
 2-7 硬質ポリウレタンフォームの製造方法別分類

3.ポリウレタンフォームの物理特性と測定方法
 3-1 軟質ポリウレタンフォームのJIS規格概要
    JIS K 6400-1?9(軟質発泡材料-物理特性の求め方)
    JIS K 6401(耐荷重用軟質ポリウレタンフォーム−仕様)
 3-2 硬質ポリウレタンフォームのJIS規格概要
    JIS A 9511(発泡プラスチック保温材)
    JIS A 9521(建築用断熱材)
    JIS A 9526(建築物断熱用吹付け硬質ウレタンフォーム)
 3-3 用途から求められる物理特性
  1)自動車シート、寝具、家具
  2)梱包材
  3)家庭用品(キッチンスポンジ等)
  4)断熱材、保温材
  5)その他

4.ポリウレタンフォームの製品に係る関連法令
  4-1 家庭用品品質表示法(寝具)
  4-2 食品衛生法(食品包装材)
 4-3 建築基準法、建築物省エネ法、住宅品質確保促進法(断熱材関連)
 4-4 消防法(原料の保管)

5.ポリウレタンフォームの高機能化動向
 5-1 導電性(軟質)
  5-2 抗菌性(軟質)
 5-3 高断熱性(硬質)
 5-4 抗燃焼性(硬質)
 5-5 その他

6.まとめ

【質疑応答】

Copyright (C) 2021 NTS Inc. All right reserved.