. .
セミナー・イベントTOPへ戻る


【Live配信・WEBセミナー】高分子劣化・変色の技術入門講座

■日時:2021年03月24日(水) 12:30〜16:30

■会場:※会社やご自宅のパソコンで視聴可能な講座です
※ お申込み時に送られるWEBセミナー利用規約・マニュアルを必ず、ご確認ください。

■定員:30名

■受講料:39,600円(税込、テキスト費用を含む) 
 ※複数でのご参加を希望される場合、お申込み追加1名ごとに¥11,000加算となります

■主催:(株)AndTech

■講師:(株)AndTech 技術顧問 今井 昭夫 氏 (元住友化学(株))

■講演主旨:
現在、各種の高分子材料が様々な用途に対して利用されており、工業的に大量の材料が生産
されている。特に合成樹脂は、高耐久性の品種が開発されているが、化合物としての高分子
材料自体は、使用環境下で光、熱、水分、菌体など様々な刺激により変性・劣化する。この
劣化の機構を樹脂種別に理解して、対策処方を設計することが材料設計上、不可欠な開発
技術テーマである。本講座では、高分子材料の変質劣化について基礎的な知見を解説し、
合わせて実用的な処方事例を紹介する。


1.高分子材料の劣化・外観特性の変化の要因
 1-1 高分子の劣化とは?
 1-2 高分子材料の外観特性の変化
 1-3 充填剤・添加剤・配合材料の変化

2.高分子種による劣化・変色・褪色の機構
 2-1 ポリオレフィンの特性変化
 2-2 スチレン系樹脂の特性変化
 2-3 アクリル樹脂の特性変化
 2-4 ポリジエンの特性変化
 2-5 ポリエステル、ポリカーボネートの特性変化 
 2-6 シリコーンゴムの特性変化
 2-7 エポキシ樹脂の特性変化

3.高分子材料の劣化の防止対策
 3-1 添加剤・反応試薬による防止策
 3-2 アロイ化・相容化材による防止策
 3-3 表面処理による防止策
 3-4 成型条件の変更による防止策

4.高分子材料の外観特性変化の防止策
 4-1 表面へ材料成分の拡散溶出の防止策
 4-2 樹脂結晶のサイズや配向の制御
 4-3 充填剤の配向の制御

5.まとめ 

【質疑応答】

Copyright (C) 2021 NTS Inc. All right reserved.