. .
セミナー・イベントTOPへ戻る


医薬品工場における計画・設備設計とプロジェクトの進め方<実習付き>【LIVE配信】

■開催日時:2021年03月22日(月) 10:00〜17:00

■会場:【WEB限定セミナー】※在宅、会社にいながらセミナーを受けられます 

■定員:30名

■受講料:55,000円(税込、資料付き/1人)
※最新のセミナー情報を「配信可」にすると割引適用(登録無料)
会員(案内)登録していただいた場合、49,500円(税込)へ割引になります。

■備考:
資料付き
【LIVE配信セミナーとは?】

■主催:(株)R&D支援センター

■講師:
(株)パソナ JETRO パートナー 戸ア 和夫 氏 【元 日揮(株)】

【専門】
プラント(化学、医薬、食品)エンジニアリング、医薬品GMP、食品HACCP
【略歴】
1976年3月:京都大学大学院博士課程単位取得(衛生工学専攻)
1976年4月:日揮株式会社入社
2014年9月:日揮プラントイノベーション退社、中小企業診断士・技術士開業
2016年3月:独立行政法人勤務ー
2018年4月:海外展開支援パートナー
現在に至る

【活動等】
1. ISPE会員
2. 京都大学技術士会会員
3. 元ISO審査員、元経営品質賞セルフアセッサー

■習得できる知識:
・ プロジェクト全般に関する知見
・ プロジェクト遂行管理と留意点
・ 医薬品製造設備の計画、設計、建設プロジェクトの遂行過程の知見
・ 工場ランニング・コスト低減(省エネルギ−)対策
・ 海外展開拠点設立

■趣旨:
 本セミナーでは、医薬品製造設備の計画、設計、建設プロジェクトの遂行過程について、GMPの
側面に焦点を当ながら解説します。
 セミナー前半では、建設プロジェクトの計画・設計・調達・建設・バリデーションなどプロ
ジェクトの遂行過程における留意点について、筆者の経験とプロジェクト・マネージメントの
知見をもとに解説します。
 ついで、プロジェクト・マスタースケジュールの一部を作成していただくことにより、建設
プロジェクトの遂行過程を疑似体験します。
 これにより、プロジェクト遂行過程の全体について理解を深めます。
 この度は、私の最近の海外展開に係る経験に基づき、東南アジアを例とした海外工場建設の
留意点について追加説明を行います。
 建設プロジェクトの学習を終了した後、医薬品製造設備のランニング・コスト低減(省エネルギ)
に焦点を当て、維持管理のポイントについて解説します。


 1.原薬製造設備建設プロジェクト遂行のプロジェクト・マネージメント
  (1) プロジェクトとは
  (2) プロジェクト・マネージメント 
  (3) プロジェクトのタイプ及びプロジェクト・マネージャ−
  (4) プロジェクト遂行過程および遂行組織
  (5) 医薬・食品プロジェクトの特徴
  (6) プロジェクト・マスター・スケジュールとプロジェクト・マイルストーン
  (7) 建設プロジェクト遂行の段階毎の特徴と留意(工程表作成演習)
   ・ プロジェクトのコンセプト展開
   ・ 計画段階
   ・ 契約
   ・ 基本設計段階
   ・ コンセプチュアル・レイアウト
   ・ 詳細設計段階
   ・ ERD,CRD
   ・ インターフェース・コントロール
   ・ プロジェクト・コーディネーション
   ・ 調達段階
   ・ 官庁申請
   ・ 工場レイアウト法規
   ・ 建設段階
   ・ 各工事毎の留意点
   ・ 官庁検査
   ・ 工事完成引き渡し
   ・ 立ち上げ工程
   ・ 試運転準備
   ・ バリデーション

 2.海外工場建設プロジェクト(東南アジア)
  (1) 海外拠点の設立プロセス
   ・ 海外進出の前提について(自社を知って海外を知る)
   ・ 法人設立の手続き
  (2) 工程上の留意点
   ・ 環境影響評価
   ・ 建設許可   
   ・ 全体工程表の補足と修正

 3.工場ランニング・コスト低減(省エネ設計)の留意点
   ・ ランニング・コスト低減と省エネルギ−設計の関係
   ・ 省エネルギ−関連の施策
   ・ プロジェクト遂行過程からみた省エネルギ−設計の留意点 
     - プロセス設計、配管設計、土木・建築設計、空調設計、計装・制御設計、
                 保温、塗装、材料、検査、バリデーション、建設工事

 【質疑応答】

Copyright (C) 2021 NTS Inc. All right reserved.