. .
セミナー・イベントTOPへ戻る


高分子材料の内部構造と破壊メカニズムおよびその解析方法【LIVE配信】

■開催日時:2021年03月24日(水) 13:00〜16:00

■会場:【WEB限定セミナー】※在宅、会社にいながらセミナーを受けられます 

■定員:30名

■受講料:49,500円(税込、資料付き/1人)
※最新のセミナー情報を「配信可」にすると割引適用(登録無料)
会員(案内)登録していただいた場合、46,200円(税込)へ割引になります。

■備考:
資料付き
【LIVE配信セミナーとは?】

■主催:(株)R&D支援センター

■講師:
東京大学 物性研究所
助教 (理学博士)樋口 祐次 氏

【ご専門】
高分子物理学

■受講対象・レベル:
高分子材料の機械的特性や物性を扱う方。分子スケールにおける高分子の構造やダイナミクスに
関して知識を得たい方。
低劣化や高耐久高分子材料に関する新しい分子設計のアイディアの着想を得たい方。分子シミュ
レーションに興味のある方。

■必要な予備知識:
特に予備知識は必要ありません。基礎から解説いたします。

■習得できる知識:
分子スケールにおける高分子材料の破壊プロセスを理解できる。
壊れやすい構造を理解することで、劣化防止や耐久性向上に向けた材料設計の指針の着想を促す。
分子シミュレーションによる研究事例を理解することで、他の事例や材料設計への展開を考える
ことができる。

■趣旨:
高分子材料の性能向上や分子設計のためには、分子スケールにおける構造やダイナミクスを正しく
理解する必要があります。本セミナーでは、低劣化・高耐久の高分子材料設計に役立てるために、
分子スケールにおける破壊プロセスに関して紹介します。分子スケールにおいて高分子材料が
どのように壊れるのか、どのような構造が壊れやすいのかに関して解説します。結晶性高分子や
高強度ゲルの破壊プロセスを対象とした、分子シミュレーションによる結果を説明します。


1.結晶性高分子の破壊プロセス
 1-1.分子スケールの構造とその変化
 1-2.空孔生成
 (1)空孔生成の原因
 (2)壊れやすい構造
 1-3.空孔の成長
 1-4.分子スケールの構造と応力伝播


2.ダブルネットワークゲルの破壊プロセス
 2-1.ネットワークの構成条件と機械的特性
 2-2.分子スケールの空孔生成と成長


3.分子シミュレーションの紹介


4.まとめ

Copyright (C) 2021 NTS Inc. All right reserved.