. .
セミナー・イベントTOPへ戻る


エクセルギー解析の基礎と自動車への応用【LIVE配信】


■開催日時:
2021年04月30日(金) 10:30〜16:30

■会場:【WEB限定セミナー】※在宅、会社にいながらセミナーを受けられます 

■定員:30名

■受講料:55,000円(税込、資料付き/1人)
※最新のセミナー情報を「配信可」にすると割引適用(登録無料)
会員(案内)登録していただいた場合、49,500円(税込)へ割引になります。

■備考:
資料付き
【LIVE配信セミナーとは?】

■主催:(株)R&D支援センター

■講師:
工学院大学 先進工学部 機械理工学科 教授 工学博士 雑賀 高 氏
【専門】
エネルギー工学
【活動】
技術士(機械部門)。自動車技術会理事・フェロー,日本技術者教育認定機構理事・フェロー,
日本工学教育協会理事。
主な著書・単著:「自動車のエクセルギー解析 ―エネルギーの有効活用をはかる―」(コロナ社),
共著:「機械技術者のための熱力学」「技術者の倫理」「初めて学ぶエンジン技術と機械工学」
「エンジン―熱と流れの工学―」など。

■受講対象・レベル:
自動車関連企業の開発担当者・研究者などを対象としています。熱力学の基礎知識を必要と
しますが,お持ちでない場合も聴講できるように工夫します。

■習得できる知識:省エネルギーへの要求がますます高まる自動車に関して,エンジンの
さらなる高効率化,室内における熱エネルギーのマネジメント,あるいは廃熱の有効利用等などの
これまで捨て去っていたエネルギーの有効利用などに対応できる知識を得ることができます。

■趣旨:
 自動車は,燃料や電力などのエネルギー源から動力へのエネルギー変換,空調,排気までを
行う独立したエネルギープラントです。それらのプロセスでは,化学反応,混合・拡散,流動,
熱交換などが生じています。コージェネレーション発電システムでは発電量と熱量の総合効率を
用いていますが,自動車の場合には燃費が重要で,熱利用まで含めて考えることはあまりありま
せん。電気自動車ですら,満充電での走行距離を問題にしています。
 エネルギーを電気あるいは動力と同一の基準で評価できるエクセルギーが,従来の熱力学第1
法則のエネルギー保存則だけでは表わせないエネルギーの損失の見える化ができるとして,注目を
集めています。コージェネレーションや自動車においては熱力学第1法則だけが考慮されており,
第2法則によるエネルギーの質を考えていないので,本質的なエネルギーの有効利用ができていない
ことになります。本セミナーでは,限られた資源を有効に使うために,熱力学第2法則を考慮した
エクセルギー解析を自動車に適用する方法について解説します。




1.エントロピー生成とエクセルギー
  1.1 エクセルギーは仕事の最大能力
  1.2 エントロピーの導入
  1.3 エントロピー生成
2.エクセルギーによるエネルギー評価
  2.1 エネルギーの有効性の評価
  2.2 理想気体の熱量と圧力のエクセルギー
  2.3 閉じた系と開いた系のエクセルギー
  2.4 エクセルギー収支
  2.5 化学反応のエクセルギー
3.エンジンシステムのエクセルギー解析
  3.1 定容サイクルのエクセルギー変化
  3.2 火花点火エンジンサイクルのエクセルギー解析
  3.3 定圧サイクルのエクセルギー変化
4.自動車パワートレインのエクセルギー解析
  4.1 エンジンシステムのエクセルギー解析
  4.2 火花点火エンジンのエクセルギー解析
  4.3 ディーゼルエンジンのエクセルギー解析
  4.4 燃料電池自動車のエクセルギー解析

Copyright (C) 2021 NTS Inc. All right reserved.