. .
セミナー・イベントTOPへ戻る


【Live配信・WEBセミナー】食品包装機械の基礎知識とトラブル・不具合対策

■日時:2021年04月20日(火) 12:30〜16:30

■会場:※会社やご自宅のパソコンで視聴可能な講座です
※ お申込み時に送られるWEBセミナー利用規約・マニュアルを必ず、ご確認ください。

■定員:30名

■受講料:39,600円(税込、テキスト費用を含む)
 ※複数でのご参加を希望される場合、お申込み追加1名ごとに¥11,000加算となります

■主催:(株)AndTech

■講師:一岡 幹朗 氏
大森機械工業(株) 取締役 上級執行役員 管理本部長 

■講演主旨:

包装はいくつの要素が絡み合って最適な機能を形成するシステムである。
 それ故、トラベルや不具合の原因は多岐にわたる。今回はそれらを包装機械を基準として
整理する。


1.はじめに
 1-1.包装の機能
 1-2.包装機能を満たす3大要素 包装材料・被包装物・技術(包装機械)

2.包装機械の分類(基礎知識)
 2-1.充填作業向け包装機
  ・定量供給(計数・計量)・液体充填(定量式・重量式)
  ・粉粒体充填(カップ計量、オーガー式計量、振動式計量)
  ・固体計量充填 (コンピュータスケール)・シート成形充填機
  ・袋詰め機(縦型ピロー包装機,給袋式包装機)
 2-2.箱詰め作業向け包装機
  ・小箱詰め機・段ボールケーサー
 2-3.包み作業向け包装機
  ・上包み包装機・横型ピロー包装機
 2-4.補助技術
  ・蓋締め・封緘・バンド掛け・熱収縮・真空、ガス置換包装
  ・ラベル・印字・殺菌・無菌

3.包材に起因する包装機の不具合・トラブルと対策
 3-1 フィルムに関するトラブルと対策
  ・巻き取り(ラミネート・単体)・製袋品
  ・シール性・成形性・熱収縮
 3-2 紙製品に関するトラブルと対策
  ・カートン・段ボール
 3-3 その他の包材の関するトラブルと対策
  ・ラベル・紙フィルム・成形品(キャップ)

4.被包装物に起因する包装機のトラブルと対策
  ・液体に関するトラブルと対策 (泡立ち・液はね・液ダレ)
  ・粉粒体に関するトラブルと対策 (ブロッキング・比重の変化)
  ・固形物に関するトラブルと対策 (やわらか製品・熱膨張・すべり性)

5.包装ライン(システム)としてトラブルと対策
  ・包装機のタクト・清掃性・作業員の使い勝手・異物混入・部品などの保証期限

6.まとめ

【質疑応答】

Copyright (C) 2021 NTS Inc. All right reserved.