. .
セミナー・イベントTOPへ戻る


SDGs時代のカーボン繊維リサイクル 
〜 課題とその克服について 〜


■開催日時:2021年5月18日(火) 13:30〜16:30 

■会場:本セミナーは、当日ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
お申込み前に《こちらのご案内》をご確認下さい。


■受講料:44,000 円(税込)  * 資料付
*アカデミック価格 26,400円(税込)
(★ アカデミック価格:学校教育法にて規定された国、地方公共団体および
学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。
お申込み時に通信欄に「アカデミック価格希望」とお書き添え下さい。)

■主催:(株)シーエムシー・リサーチ

■講師:藤井 透 氏
同志社大学 先端複合材料研究センター 嘱託研究員/
自動車用動力伝達技術研究組合 専務理事 / 神奈川大学 客員教授

【講師経歴】
 防衛庁(現防衛省)技術研究本部(第4研究所)を経て 1982〜2018年 同志社大学 理工学部 
 教授(1990年)
 2008〜2011年 日本学術振興会 学術研究センター(JSPS)専門研究員(兼務)
 2018年〜現在  同志社大学 先端複合材料研究センター 嘱託研究員
 2018 年〜現在 自動車用動力伝達技術研究組合 専務理事
 2020年〜現在 神奈川大学 客員教授

【研究歴】
 耐爆構造,複合材料の衝撃破壊・疲労,天然繊維,CFRPリサイクル,竹の有効利用,接着構造
解析,自動車用トラスミッション機構,伝動ベルト

【所属学会】
 日本機械学会フェロー,日本材料学会 (元)複合材料部門長・理事他,日本複合材料学会
(元)副会長・理事・評議員,フェロー,日本自動車技術会フェロー,FRP協会理事・国際交流委員会

【著 書】
 炭素繊維のリサイクルと問題点(FRP協会誌 63巻5号 2017)

■趣旨:
 産業界では,政府のグリーン政策推進とSDGs(Sustainable Development Goals(持続可能な開発
目標))の目標の1つとして,クリーンエネルギーと並んで気候変動防止≒CO2削減の観点から,
カーボン繊維はリサイクル無くしては,その使用が制限される可能性が高い.本セミナーでは,
それらを背景に,カーボン繊維とその複合材料の利点を認識しつつ,リサイクルにおける課題と
世界のトレンドを解説する.

■セミナー対象者:
 CFメーカ,CFRPを使っている/使おうとしている成形メーカの技術者,企画担当者,廃棄物処理
企業の技術者,経営者, SDGsに取り組もうとしている方々

■セミナーで得られる知識:
 カーボン繊維の基礎知識(カーボン繊維とは?)
 カーボン繊維の活用法(どのように使われているか,使われそうか)
 カーボン繊維を含んだ破棄物の出方,その処理法は?
 カーボン繊維のリサイクルの可能性,市場性
 世界(EU,USA,中国)の状況 カーボン繊維リサイクルはビジネスになるか?


 ※ 適宜休憩が入ります。

1.カーボン繊維とは
 1)製造法と必要エネルギー
 2)世界のカーボン繊維製造と今後の動向
 3)カーボン繊維の活用
  → カーボン繊維強化高分子系複合材料(CFRPおよびCFRTP)・意外な活用・リサイクルなくして
    CFはLCA的には×
2.種々のリサイクル・カーボン繊維(RCF)
 一口にリサイクル・カーボン繊維と言っても,種々の繊維,形態がある

3.廃棄CFRPからカーボン繊維を回収する
 1)これまでの技術開発
 2)いろいろなカーボン繊維回収法
 3)一押しのカーボン繊維回収法
 4)熱可塑性樹脂を使ったCFRTPからもカーボン繊維を回収すべし!

4.リサイクル・カーボン繊維、どのように活用する?

5.わが国では廃棄CFRPは取り合いに!
 1)CF廃材は市中に出回らず
 2)廃棄CFRPの出どころ
 3)世界から集める?
 4)回収システムを構築する

6.カーボン繊維フィーバー
 ・ここでも、あそこでもカーボン繊維(各地の取り組み)
 ・リサイクル・カーボン繊維は置き去り?

7.リサイクル・カーボン繊維、未来を占う
 1)世界的規模での回収、活用システムの構築
 2)ビジネスチャンス?
 3)EUに押し付けられるな,遅れるな!
 4)規格:ISO化一番乗りのイニシアチブ、「今でしょう」
 5)中国、恐れるに足る! CFリサイクル、絶対日本は負ける!

Copyright (C) 2021 NTS Inc. All right reserved.