. .
セミナー・イベントTOPへ戻る


中国における体外診断薬の薬事規制及び市場動向と取るべき戦略【LIVE配信】
‐中国における診断薬の市場特性、法規制、進出し、利益を得るための検討項目…etc-

■開催日時:2021年05月31日(月) 12:30〜16:30

■会場:【WEB限定セミナー】※在宅、会社にいながらセミナーを受けられます 

■定員:30名

■受講料:49,500円(税込、資料付き/1人)
※最新のセミナー情報を「配信可」にすると割引適用(登録無料)
会員(案内)登録していただいた場合、46,200円(税込)へ割引になります。

■備考:
資料付き
【LIVE配信セミナーとは?】

■主催:(株)R&D支援センター

■講師:(有)ヴェト・ケミカル 取締役社長 尾野 啓子 氏

【専門】
医薬品・医療機器等の研究開発の調査
【略歴】
 北里大学卒業の獣医師
 医療機関で画像診断、臨床検査業務を3年間経験。
 関東医師製薬(メクト)の研究所で非臨床試験(GLP、主に病理)を担当、
 その後工場の品質管理部でGMP(バリデーションの導入時)を担当。  
 また中国に点眼薬を輸出する業務にも一部関与。メクト鰍フ清算のため退職。
 6か月間動物病院に勤務。
 1995年に有限会社ヴェト・ケミカルを設立。医薬品の市場調査、出版業務等を行い、現在に至る。
【活動等】
 GCP、GLP、GMP、医薬品及び医療機器の研究開発のアウトソーシング業務、アジアの国々の医薬品・
医療機器に関連する市場調査、出版。
 臨床検査(画像診断等)、動物病院の獣医師、GLP(病理学)、GMP、GCPについて、広く浅い経験ばかり、
それが強みと考えています。

■習得できる知識:
1.体外診断薬に対する中国政府の動向
2.中国の体外診断薬市場の特徴と市場規模
3.日本の体外診断薬の中国進出のための必要な法規制
4.中国に体外診断薬で進出し、利益を得るための検討項目

■趣旨:
 2018年の中国の体外診断産業の市場規模は約6700億円、成長率は年間15%程度。
 体外診断は体外診断薬と機器の2つの部分で構成され、診断薬は消耗品で、生産価値の約70%を
占め、機器は、生産価値の約30%を占めている。
 中国の体外診断の市場シェアの多くは、免疫診断、微生物、POCT等で、特に免疫診断等のハイ
エンド診断は、輸入診断薬や機器が50%以上を占めている。販売は機器を無償で提供し、診断薬で
機器コストを回収する方法等がとられている。
 医療機関では集中調達と医薬品供給の2票制度の普及により、体外診断薬の直販の増加が始まり、
中国国内診断薬企業の成長と相まって、中国の体外診断市場の争奪戦は激しさを増している。


 第1部. 中国の体外診断薬・機器の法規制
  1 .体外診断に対する政策と規制当局の動向

  2 .中国の体外診断薬・機器の法規制
   (1) 2014年以降、体外診断薬の法律は矢継ぎ早に改正
   (2)中国で体外診断薬を販売するために心得ておく法規制
    ‐ 中国の体外診断薬・機器のリスク分類
    ‐ 中国での製品登録
    ‐ 中国で体外診断薬の輸入関連の法規制
    ‐ 体外診断薬の販売・流通に関連する法規制
    ‐ 体外診断薬の通関手続き

 第2部.体外診断薬の市場動向
  1.中国のビジネス環境

  2.中国の体外診断薬の市場について

  3.中国で有望な体外診断薬
   (1)中国ではハイエンドの体外診断薬は輸入品に依存
   (2)中国は体外診断薬の国産化を推進
   (3)高齢化により市場拡大する領域

  4.有望な販売地域 
   (1)日本企業の多くは北京、上海に進出
   (2)中国人の購買層と購買力について

  5.医療機関の種類と状況(販売価格等)
   (1)医療機関の等級について
   (2)医療機関の価格決定と調達方法

  6.日本の体外診断薬メーカーの取るべき戦略
   (1)外資企業、中国企業の動向と日本企業のとるべき戦略
   (2)販売する製品の選定方法

 【質疑応答】

Copyright (C) 2021 NTS Inc. All right reserved.