. .
セミナー・イベントTOPへ戻る

・人体通信技術の原理とアプリケーションを学び、製品開発へ応用するための講座
・触れるだけで通信ができる人体通信技術を基礎から学び、応用システムの開発を急げ!

人体通信技術の基礎と応用アプリケーション
〜 人体通信の種類、通信方式、電波伝搬、アンテナ、電極構造、アプリケーション 〜

■開催日時:2018年06月11日(月) 10:30 〜 17:30


■会場:日本テクノセンター研修室
    (東京都新宿区西新宿二丁目7-1 小田急第一生命ビル 22階)

■受講料:一般(1名) : 48,600円 (税込)
     同時複数申し込みの場合(1名) : 43,200円 (税込)

■主催:(株)日本テクノセンター


■受講対象者:
・情報機器、ウェアラブルデバイス、ウェアラブルセンサ、ネットワーク、
 医療・ヘルスケア機器ほか関連企業の技術者の方

■予備知識:・アンテナ、通信方式、電気磁気学の知識があると分かりやすい

■修得知識:
・人体通信(HBC)技術のアウトラインが理解できる

■講師の言葉:
 人体通信(HBC)から想定されるアプリケーションは非常に面白いものが多く、今後さらなる
発展性も期待できる技術です。しかし、技術的に解決しなければならない課題も多いことも事実
です。
 このセミナーでは、その真実をお伝えし、技術開発に役立てていただければと考えます。


1.人体通信の歴史
  ・MITの提案から
 
2.人体通信の種類
  (1).電界方式
  (2).電流方式
  (3).超音波方式
  (4).PAN(Personal Aria Network)
  (5).BAN(Body Aria Network)
  (6).HBC(Human Body Communication system)
 
3.人体通信技術
  (1).電界方式
  (2).電流方式
  (3).超音波方式
 
4.人体通信における電波伝搬
  ・周波数帯に応じた電波伝搬の考え方
 
5.電界方式におけるアンテナ/電極構造
  (1).ダイポールアンテナ
  (2).ループアンテナ
 
6.人体通信技術とアプリケーション
  ・既存の無線システムとの差別化
  ・医療・福祉機器
  ・ヘルスケアシステム
  ・介護ロボット
  ・セキュリティ ほか
 
7.今後の展望

Copyright (C) 2018 NTS Inc. All right reserved.