. .
セミナー・イベントTOPへ戻る


【オンラインLive配信・WEBセミナー】
環境対応接着剤&解体性接着のトレンド及びUV・VUV硬化接着剤の進歩と応用

1.環境に優しい接着剤 2.易解体性接着のトレンド 3.UV・VUV硬化接着剤の進歩と応用

■日時:2024年07月11日(木) 13:30〜17:30 

■会場:※会社やご自宅のパソコンで視聴可能な講座です
※ お申込み時に送られるWEBセミナー利用規約・マニュアルを必ず、ご確認ください。

■定員:30名

■受講料:45,100円(税込、テキスト費用を含む)
 ※複数でのご参加を希望される場合、お申込み追加1名ごとに16,500円が加算となります

■主催:(株)AndTech

■講師:
エーピーエス リサーチ (APS リサーチ)  代表  若林 一民 氏 

■講演主旨:
 接着・接着剤の業界に限らず、あらゆる産業分野において、環境保全、環境改善への対応は3R
(Reduce=削減, Reuse=再使用, Recycle=リサイクル)で実行される、と言われる。
接着・接着剤におけるReduceとは接着剤の組成材料として環境負荷物質を使用しない、或いは使用
量の削減を意味しており、有機溶剤の使用削減が積極的に行われている。接着剤のReuse, Recycleは、
その固化及び硬化過程を考えれば、無理の判断をするしかない。
 しかし、必要な時に、被着材を壊すことなく接着を剥がすことが出来れば、被着材のReuse, 
Recycleは可能になる。此処に易解体性接着剤の存在価値が生まれる。
 そして近年注目度の高い接着剤は、UV・VUV硬化接着剤がある。硬化速度に優れる、環境に優しい、
使用し易い、等のメリットから電気・電子部品の接着に重宝である。中でもエポキシ樹脂系接着剤の
UV・VUV(紫外線・可視光線)硬化技術が注目されている。
 本講座においては、接着・接着剤の環境対応に関する一連の事項について、解りやすく説明する。

■習得できる知識:
 ・環境対応接着剤のトレンド。法規制、建築関連における基準など。
 ・解体性接着のトレンド。開発コンセプト、技術開発動向、各種材料における易解体状況など。
・UV・VUV硬化接着剤の進歩と応用。UV・VUV硬化接着剤とは。その長所・短所。適用事例など。

■プログラム:
1.環境に優しい接着剤
1.1 接着・接着剤の環境対応は3Rで
1.2 接着剤の係わる法規制の種類
1.3 建築基準法(シックハウス症候群に対応する法律)への対応
1.4 住宅の居室に係わる政令、告示の概要(厚生労働省からの指針14物質)
1.5 放散ホルムアルデヒドに関する認定制度(日本接着剤工業会)
1.6 建材からのホルムアルデヒド放散量の測定方法
1.7 放散ホルムアルデヒドの基準値(日本接着剤工業会の認定制度)
1.8 接着剤中のホルムアルデヒド
1.9 4VOCの自主管理制度(日本接着剤工業会)
1.10 建材・接着剤からのVOC放散量の基準値
1.11 日本接着剤工業会に4VOCの登録申請可能な接着剤
1.12 4VOCを使用しないエラストマー溶剤形接着剤
1.13 クロロプレンゴムの溶解度図
1.14 鉛に関する指令(RoHS指令)
1.15 鉛に関する指令と共晶はんだ代替導電性接着剤
1.16 鉛はんだ代替導電性接着剤の基本特性
1.17 導電性接着剤の配合指針

2.易解体性接着剤のトレンド
2.1 易解体性接着剤の開発コンセプト
2.2 解体性接着剤が適用可能な分野
2.3 解体性接着剤用樹脂の理想的な弾性率変化
2.4 解体性接着技術の技術開発動向
2.5 熱分解性ポリマーの応用
2.6 エチレン系アイオノマー
2.7 熱溶融エポキシ樹脂の硬化・溶融メカニズム
2.8 熱膨張性マイクロカプセル混入接着剤
2.9 熱膨張性マイクロカプセルを利用した解体性接着剤
2.10高耐熱解体性接着剤
2.11 高周波加熱による接着の解体
2.12 電磁誘導加熱による接着の解体
2.13 マイクロ波加熱による接着の解体
2.14 通電剥離接着剤(エレクトリリース)
2.15 靴の循環形リサイクルシステムと解体
2.16 製靴用解体性接着剤の開発
2.17 解体性接着剤一覧(粘着テープを含む)

3.UV・VUV硬化接着剤の進歩と応用
3.1 UV・VUV硬化接着剤とは
3.2 光重合開始剤の役目(ラジカル重合)
3.3 光重合開始剤の選択基準
3.4 光重合開始剤の役目(カチオン重合)
3.5 UV・VUV硬化形アクリル系接着剤の長所
3.6 UV・VUV硬化形アクリル系接着剤の短所
3.7 ラジカル重合タイプとカチオン重合タイプの比較
3.8 UV・VUV照射装置と特性
3.9 UVランプ方式とUV-LEDランプ方式の比較
3.10 UV・VUV硬化形接着剤の組成と材料
3.11 UV硬化樹脂の組成(ラジカル重合タイプ、カチオン重合タイプ
3.12 UV硬化(ラジカル)重合性オリゴマー
3.13 UV硬化(カチオン)重合性オリゴマー
3.14 エポキシ樹脂+オキセタン樹脂(POX)による各種プラスチックへの接着性改良
3.15 UV硬化接着剤の適用事例

Copyright (C) 2024 NTS Inc. All right reserved.