. .
セミナー・イベントTOPへ戻る


【オンラインLive配信・WEBセミナー】
透明導電性フィルムの特性と防曇・凍結防止用ヒーター技術への応用展開


■日時:2024年07月29日(月) 13:00〜17:15 

■会場:※会社やご自宅のパソコンで視聴可能な講座です
※ お申込み時に送られるWEBセミナー利用規約・マニュアルを必ず、ご確認ください。

■定員:30名

■受講料:49,500円(税込、資料作成費用を含む)
 ※複数でのご参加を希望される場合、お申込み追加1名ごとに16,500円が加算となります
 ※受講料の振り込みは、開催翌月の月末までで問題ありません

■主催:(株)AndTech

■講師:
    第1部  静岡大学  客員教授/NRI 代表/(元(株)タッチパネル研究所 開発部長 工学博士)  
      中谷 健司 氏
    第2部  ジオマテック株式会社  執行役員 兼 CTO・製造技術部長  伊東 孝洋 氏
    第3部  三恵技研工業株式会社  開発本部 第一開発部 部長/
      岡山大学大学院 環境生命自然科学研究科 客員研究員  古林 宏之 氏

■プログラム:
∽∽───────────────────────∽∽

第1部  透明導電膜、フィルムの開発動向と応用展開




【講演主旨】

 透明導電性フィルムの用途ではタッチパネル用途が最大だが、静電容量用タッチパネル向けの導電性
フィルムでは低抵抗化が要求され、新しい導電性フィルムが提案されている。 
 これらの低抵抗のフィルムは透明ヒーター用途へ使用可能である。
 本講座では透明導電性フィルムの種類とその作成方法などを説明し、それらが透明ヒーター等に応用
可能であることを説明する。

【習得できる知識】
 @透明導電性フィルムの種類にどのようなものがあるか
 Aどの様な用途があるか

【講演キーワード】
 透明導電性フィルム、ITO、銀ナノワイヤー、多層膜、ヒーター、5G、アンテナ、PDLC


【プログラム】

1. 透明導電性フィルムの種類と用途
 1-1 透明導電性フィルムの種類
 1-2 透明導電性フィルムの抵抗と用途の関係
 1-3 透明導電性フィルムの市場

2. タッチパネル用透明導電性フィルム
 2-1 タッチパネルの用途と市場
 2-2 タッチパネル用透明導電性フィルムへの要求特性
 2-3 可とう性,曲面の静電容量用タッチパネル用透明導電性フィルムの特性
 2-4 メタルメッシュ導電性フィルムの特徴と課題
 2-5 その他の金属系透明導電性フィルム

3. 透明ヒーターへの応用
 3-1 透明ヒーターの利用例
 3-2 透明ヒーターに使用される透明導電性フィルム
 3-3 透明ヒーターに要求される特性
 3-4 断熱、熱戦反射特性の利用
 3-5 結露防止用途

4. 5G等の通信用アンテナへの応用

5. その他デイスプレイ用途

【質疑応答】

 ∽∽───────────────────────∽∽

第2部  ITO薄膜技術と透明ヒーターへの適用




【講演主旨】

 透明導電膜はこれまでFPDや太陽電池の分野を中心に、産業応用上重要な材料として広く研究開発
されてきた。中でもITO薄膜はスマートフォンやタブレットPCといった情報端末の普及という観点か
ら、今日の便利で豊かな情報社会の実現に大きく貢献した材料である。
 透明導電膜はその透明で電気を通す特徴から透明ヒーターとしても、我々の生活の身近なところ
で活用されている。
 本講演では真空プロセスを用いたITO薄膜の成膜方法やその特性、および透明ヒーターの特徴や活
用事例を紹介する。

【習得できる知識】

 @物理気相法(PVD法)による透明導電膜の成膜技術
 AITO薄膜の電気特性および光学特性
 BITO薄膜の表面形態
 C透明ヒーターの構造
 D透明ヒーターの特徴
 E透明ヒーターの活用事例

【講演キーワード】
 真空成膜技術、スパッタリング法、ITO薄膜、透明導電膜、透明電極、透明ヒーター、防曇、融雪、
凍結防止、視界確保、面状発熱

【講演のポイント】
 ITO薄膜の成膜技術から各種物性について、詳細に解説します。


【プログラム】

1. PVD法によるITO薄膜の成膜方法
 1.1 真空蒸着法
 1.2 スパッタリング法
 1.3 ITO薄膜成膜条件

2. ITO薄膜の諸特性
 2.1 基板温度依存性
 2.2 Sn濃度依存性
 2.3 表面形態の制御

3. 透明ヒーターの基礎
 3.1 透明ヒーターとは
 3.2 透明ヒーターの構造
 3.3 透明ヒーターの特徴

4. 透明ヒーターの活用事例
【質疑応答】


 ∽∽───────────────────────∽∽

第3部   ミリ波レーダー用レドームへの着雪を防止するヒーターに関する基礎技術と応用展開




【講演主旨】

 視界不良な環境下でも対物距離検知が可能なミリ波レーダーは、自動運転の実現に不可欠な技術で
ある。
 しかし、雪の日にはレドーム(ミリ波レーダーのカバー)表面への着雪によりミリ波透過性が低下
し、ミリ波レーダーが機能不全に陥る問題が生じていた。解決策として、レドームをヒーターで加熱
し融雪させる手法が提案されていたが、ヒーターがミリ波の透過を阻害してしまう問題があった。
 三恵技研工業株式会社では、ヒーターを特定のデザインにすることで、高いヒーター熱出力と、高
いミリ波透過性を両立できることを見出し、「融雪機能を有するミリ波レドーム」として上市させた。
 本講演では、材料中の電磁波の振る舞いに関する理論的な説明から出発して、雪によるミリ波透過
性に関する定量的な議論と、ヒーターレドーム開発について解説する。さらに、現在開発中の断熱材
を用いたヒーターの熱を有効活用しつつ、ミリ波の透過性を担保する技術について紹介する。

【習得できる知識】
 @レドーム設計の基礎となる、材料中における電磁波の振る舞い
 A雪によるミリ波運用問題への理解
 Bミリ波透過性と融雪性能を両立するヒーター技術
 C発泡断熱材を用いたときのヒーター省エネ性とミリ波透過性およびそれらの設計評価方法

【講演キーワード】

 自動運転、レドーム設計、融雪レドーム、伝熱シミュレーション、発泡樹脂、省エネルギー、屋外
におけるミリ波の全天候型運用

【講演のポイント】
 材料中の電磁波の振る舞いに関する理論的な説明から出発して、雪によるミリ波透過性に関する定
量的な議論と、ヒーターレドーム開発について解説する。さらに、現在開発中の断熱材を用いたヒー
ターの熱を有効活用しつつ、ミリ波の透過性を担保する技術について紹介する。

【プログラム】

1. はじめに
 1.1. 自動運転のレベルと各レベルで要求される機能
 1.2. 自動運転の運用に使用される各種センサー

2. 材料中を進む電磁波の振る舞い
 2.1. なぜ誘電率は複素数で表現されるのか
 2.2. 物質中を進行する電磁波の波動方程式の導出
 2.3. 導出された波動方程式から材料中の電磁波の振る舞いの考察

3. 雪によるミリ波遮蔽効果の定量的試算
 3.1. 雪の誘電率を計算するためのモデル化
 3.2. 乾雪の誘電率の試算
 3.3. 湿雪〜みぞれの誘電率の試算
 3.4. 雪の状態とミリ波透過性の考察
 3.5. 日本の気候と自動車におけるミリ波運用の問題点

4. ミリ波透過性能が極大となるヒーターパターンの探索
 4.1. ヒーター面占有率に着目した実験系と測定方法
 4.2. ヒーターパターンとミリ波透過率の関係

5. 発泡断熱材を用いたヒーター運用の効率化
 5.1. 発泡断熱材の効用と問題点
 5.2. 計算および実験方法
  5.2.1. 伝熱シミュレーション
  5.2.2. 発泡樹脂の誘電率測定法蒲黄
 5.3. 各車速における断熱材とレドーム加熱効率(省エネ効果)の関係
 5.4. 発泡断熱材とレドームのミリ波透過率の関係

【質疑応答】

Copyright (C) 2024 NTS Inc. All right reserved.