. .
セミナー・イベントTOPへ戻る

・検査工程で得られるデータを効果的に活用し、品質向上へ活かすための講座

・実習をしながら工程管理、品質管理に必要となるバラツキの概念を理解し、統計的工程管理(SPC)の実践が可能となる特別セミナー!

※PCは会場にてご用意いたします。

検査技術と収集データの統計的工程管理への応用 〜1人1台PC実習付〜
〜 計測されるデータから見る製品の品質、Excelによるヒストグラム、
管理図の作成法、管理図による工程管理の実際 〜

■開催日時:2018年07月27日(金) 10:30 〜 17:30


■会場:日本テクノセンター研修室
    (東京都新宿区西新宿二丁目7-1 小田急第一生命ビル 22階)

■受講料:一般(1名) : 49,680円 (税込)
     同時複数申し込みの場合(1名) : 44,280円 (税込)

■主催:(株)日本テクノセンター


■受講対象者:
・製造、品管、生産技術などを担当される実務担当者、スタッフの方

■予備知識:
・初歩からお話ししますので、予備知識はなくても大丈夫です

■修得知識:
・工程管理、品質管理に必要となる、バラツキの概念を理解し、統計的工程管理(SPC)の実践が
可能になります

■講師の言葉:
 製品の品質を向上するためには、コストがかかる。コストを下げようとするとその品質が低下
する。一般的には、品質とコストはトレードオフの状態にあると言われています。
 昨今、データの分析、解析においてパソコンが自在に利用出来るようになり、目的あったデータ
さえ、手に入れることが出来たならば、その分析、解析はほぼ、自動化する事ができます。
 これにより、マンパワーを削減することでコストを抑えることが可能になります。
 このセミナーでは、既に現場で収集されるデータなども含め、そのデータを用いた統計的工程管理
(SPC)方法などを学んでいただきます。


1.検査工程で得られるデータ
  (1).計測されるデータから見る製品の品質
    a.製品の規格と品質
    b.不良率の推定と工程能力(指数)
  (2).検査、ライン制御のログファイル(収集データ)を分析
    a.EXCEL(関数群)を使った統計量の計算
    b.工程のバラツキを把握する
    c.ヒストグラムから見る分布の形
    d.ヒストグラムの書き方と見方
    e.EXCELでヒストグラムの書き方

2.統計的工程管理(SPC)とその実践
  (1).偶然原因によるバラツキと異常原因によるバラツキ
    a.取り除けないバラツキ、取除くべきバラツキを知る
    b.偶然原因と異常原因のバラツキを分離する
  (2).解析用管理図の書き方と見方
    a.計量値管理図代表、Xbar―R管理図の書き方
    b.計数値管理図の例(参考)
  (3).管理用管理図(SPC)を始める
    a.管理用管理図の作成手順
    b.EXCELで管理図の作成方法
    c.管理図による工程管理の実際

Copyright (C) 2018 NTS Inc. All right reserved.