. .
セミナー・イベントTOPへ戻る

UV−LEDのメリット・デメリットは?
UVランプ・UV−LEDを光源・材料・システム全ての観点からわかりやすく解説!

UV硬化システム/UVインクの基礎とUV−LEDの技術動向

■開催日時:2018年07月20日(金)12:30〜16:30

■会場:江東区産業会館 第1会議室

■定員:30名

■受講料:49,980円(税込、資料付き/1人)
※最新のセミナー情報を「配信可」にすると割引適用(登録無料)

割引受講料
47,250円(税込、資料付き/1人) 49,980円(税込、資料付き/2人)
主催者:(株)R&D支援センターからのセミナー・関連製品情報の配信を可とした際に、
割引適用いたします。
申込ページの「通信欄」に“配信可・Eメール” or “配信可・郵送” or 
“配信可・FAX”とご記入ください。

■主催:(株)R&D支援センター

■講師:
IST East Asia(株)/Integration Technology Japan 代表取締役 勝田 康 氏

【活動】
国内インクジェット事業会社:K-SOLUTION代表
(英国Meteor Inkjet Limited, Megnajet Ltd代表窓口)

■受講対象・レベル:
・印刷機メーカー(機械設計者、材料開発者、デザイン開発者)、インク/材料メーカー、
・各種製造メーカーにおける生産技術系従事者、技術開発専属者、等
・UV硬化に関する課題に取り組まれている方ならびに今後の導入に前向きなご計画がある方に
とって参考になる内容です。

■UVアークランプ及びUV-LED光源それぞれの技術的利点および対象アプリケーション毎に選定
されるべき本質的理由習得できる知識:

■趣旨:
UV硬化技術は各種印刷機およびモノづくり工程におけるインク・材料の乾燥・硬化手段として
幅広く用いられ、設備のダウンサイジング・環境性・硬化条件の安定性など、様々な利点が
存在する。本講義ではUV硬化光源として使用されるUVアークランプおよびUV-LEDの最新技術動向を
紹介すると共にアプリケーション毎に最適な光源選定とは何かを議論する。


1.なぜUV硬化?
2.UVランプ/UV-LEDの使用目的
3.UVランプ?UV-LED?
4.UVインクの反応原理
  4-1 UV硬化インクの硬化メカニズム
  4-2 乾燥/硬化前後での膜厚変化
5.インク硬化とUV各波長の関係
  2-1 発光波長
  2-2 UV各波長領域の役割と効果
  2-3 UV-LED光源の発光波長
6.UV-LED硬化型インク
  6-1 反応特性・吸光度
  6-2 波長選択
7.UVランプ光源
  7-1 UVランプシステムの特徴
  7-2 UVランプシステムの動作
  7-3 UVランプシステムの運用方法
  7-4 各種アプリケーションでのUVランプシステム
8.UVランプ光源のメリット・デメリット
  8-1 寿命性能
  8-2 省電力性能
  8-3 発熱特性
  8-4 環境性能
  8-5 ダウンサイジング
9.UV-LED光源
  9-1 UV-LED光源の特徴
  9-2 UV-LEDの動作
  9-3 UV-LEDシステムの運用方法
  9-4 各種アプリケーションでのUV-LEDシステム
10.UV-LED光源のメリット・デメリット
  10-1 寿命性能
  10-2 省電力性能
  10-3 発熱特性
  10-4 環境性能
  10-5 ダウンサイジング
11.UV-LED光源の使用方法
  11-1 本硬化用UV-LEDシステム
  11-2 仮硬化用UV-LEDシステム
12.最新UV-LED光源の技術動向
  12-1 空冷型UV-LEDシステム
  12-2 水冷型UV-LEDシステム
13. 将来性
  13-1 UVランプシステム
  13-2 UV-LEDシステム
  13-3 その他硬化技術との比較展望

Copyright (C) 2018 NTS Inc. All right reserved.