. .
セミナー・イベントTOPへ戻る


リチウムイオン電池材料、次世代電池の開発ポイント【LIVE配信】
〜高エネルギー密度化、全固体電解質電池、寿命・SOH推定、超長寿命化〜

■開催日時:2024年07月08日(月) 12:30〜16:30

■会場:【WEB限定セミナー】※在宅、会社にいながらセミナーを受けられます 

■定員:30名

■受講料:49,500円(税込、資料付き/1人)
※最新のセミナー情報を「配信可」にすると割引適用(登録無料)
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,500円(税込)から
 ・1名で申込の場合、46,200円(税込)へ割引になります。
 ・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,500円(2人目無料)です。

■備考:
資料付き
【LIVE配信セミナーとは?】

■主催:(株)R&D支援センター

■講師:(株)KRI 常務執行役員 木下 肇 氏

<ご専門>
 導電性高分子、電池・キャパシタ

<学協会>
 電気化学会フェロー、電気化学会関西支部顧問

<ご略歴>
 1985年3月 京都大学工学部合成化学科卒業
 1985年〜1997年 鐘紡(株)にてポリアセン電池の基礎・応用研究・市場調査/開発に従事
 1993年 ポリアセン電池の研究開発及び工業化に関し高分子学会賞
 1997年〜 (株)KRIにて蓄電デバイスに関する研究開発などに従事。これまで約300社以上
     からの委託を受け、リチウムイオン電池・リチウムイオンキャパシタ関連材料の研究
     開発、蓄電材料・デバイスの抵抗・寿命評価・解析、コンサルティング等を担当。
 2006年10月 同社 エネルギー変換研究部長
 2011年7月 同社 理事
 2013年4月 同社 執行役員 エネルギー変換研究部長
 2015年4月 同社 常務執行役員 エネルギー変換研究部長
 2018年4月 同社 取締役 常務執行役員 エネルギー変換研究部長
 2022年4月 同社 常務執行役員

■受講対象・レベル:
・リチウムイオン電池(材料、電極、電池)を開発しておられる方
・リチウムイオン電池を活用されたい方
・蓄電システムの制御法(安全、寿命)、運用法を開発されている方
・電池のリユースを考えられている方

■習得できる知識:
・先進、次世代リチウムイオン電池材料の開発指針
・全固体電解質電池への期待・評価ポイント
・ナトリウムイオン電池外観と市場性
・寿命推定、SOH診断、リユースに関する考え方
・2030年社会に向けた電池開発〜要素技術とは、新たな方向性はあるか?

■趣旨:
 地球環境問題、資源問題がクローズアップされる今、エコカーの普及促進、再生可能エネルギー
への転換などの政策が、今後もリチウムイオン電池市場成長を牽引し、リチウムイオン電池市場は
2030年には凡そ40兆円(2018年の10倍)と予測される。この巨大成長市場獲得を目指し多くのメー
カー様が参入・開発を進められているが、最近、どこに開発の焦点を当てるのが適策かという質問
が多く寄せられます。
 リチウムイオン電池の魅力はそのエネルギー密度にあり、その開発方向性には大きく分けて2つあ
ります。(1)材料起因エネルギー密度向上と関連部材開発(第一軸)、(2)急速充電・寿命、安
全性向上による高エネルギー密度化(設計マージン、安全率向上/第二軸)であり、第二軸開発はEV、
電力貯蔵システム普及のキーとなります。
 本講座では、高エネルギー密度化の観点から実用化を見据えた先端、次世代電池材料、全固体電
解質電池開発におけるポイントについて説明します。また、今後の開発やリユースに必須となるリ
チウムイオン電池の寿命の観点から劣化メカニズム、寿命・SOH推定、経年安全性につき解説します。
また、2030年持続可能な社会実現に向けた蓄電関連技術の新たな開発方向性である電池の超長寿命
化開発についてもKRIでの取り組みを紹介します。


■プログラム:
1.リチウムイオン電池概観
 1-1.何故、リチウムイオン電池なのか?
 1-2.リチウムイオン電池の高エネルギー密度競争の弊害(寿命、安全) 
 1-3.次世代リチウムイオン電池開発ロードマップ

2.先進・次世代リチウムイオン電池
 2-1.1000Wh/lの実現に向けた材料開発
  2-1-1.正極材料(ハイニッケル、Li過剰など)の開発指針
  2-1-2.負極材料(Si系,Li金属など)の開発指針
  2-1-3.Liプリドープ技術
 2-2.全固体電解質電池
  2-2-1.全固体電解質電池の魅力・期待
  2-2-2.全固体電池開発における試作・評価
  2-2-3.全固体電解質電池の実用化課題
 2-3.ナトリウムイオン電池

3.リチウムイオン電池の寿命・SOH・制御
 3-1.リチウムイオン電池の劣化について
 3-2.リチウムイオン電池の2つの劣化メカニズム
 3-3.リチウムイオン電池の寿命推定
 3-4.反応偏在の寿命影響
 3-5.リチウムイオン電池のSOH診断、電池パスポート
 3-6.リチウムイオン電池の制御による高寿命化の考え方

4.2030年社会に向けた電池開発、新たな方向性はあるか?
 4-1.CASE、MaaSの具現化
 4-2.2030年社会が要求するリチウムイオン電池とは
 4-3.超長寿命電池の開発(5倍の壽命を実現するには)

スケジュール
12:30-14:20 講義
14:20-14:30 休憩
14:30-16:30 講義

※講義の進行状況により多少前後いたします。

Copyright (C) 2024 NTS Inc. All right reserved.