. .
セミナー・イベントTOPへ戻る


高分子レオロジーの基礎と粘弾性測定解析【LIVE配信】

■開催日時:2022年07月13日(水) 12:30〜16:30

■会場:【WEB限定セミナー】※在宅、会社にいながらセミナーを受けられます 

■定員:30名

■受講料:49,500円(税込、資料付き/1人)
※最新のセミナー情報を「配信可」にすると割引適用(登録無料)
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,500円(税込)から
 ・1名で申込の場合、46,200円(税込)へ割引になります。
 ・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,500円(2人目無料)です。

■備考:
資料付き
【LIVE配信セミナーとは?】

■主催:(株)R&D支援センター

■講師:
金沢大学 理工研究域 フロンティア工学系
       高分子材料物性研究室 博士 助教 伊藤 麻絵 氏

<ご専門>
 レオロジー、高分子固体物性

<学協会>
 レオロジー学会、高分子学会、日本化学会

<ご略歴>
 東京理科大学(学士)(2006-2010)
 東京工業大学(修士)(2010-2012)
 シャープ株式会社 研究・開発職(2012-2016)
 北陸先端科学技術大学院大学(博士)(2016-2019)
 金沢大学 理工研究域 フロンティア工学系 助教(現職)(2019-)

■習得できる知識:
・レオロジーと粘弾性測定
・線形粘弾性理論
・無定形高分子の粘弾性
・結晶性高分子の粘弾性
 
■趣旨:
 高機能・高性能な高分子材料の開発において、得られた材料の特性を評価することは
必須である。高分子材料はその材料種に特有の緩和時間をもち、これが材料の硬い、
軟らかいといった変形に対する応答と密接に関係している。本講座を通じてレオロジーや
粘弾性測定についてのイメージを掴み、実際の測定や解析に活かすことを目指す。まず
レオロジーという学問を簡単に紹介したうえで粘弾性測定の重要性を示し、線形粘弾性
理論について説明する。さらに、それらの知見を踏まえて、無定形高分子・結晶性高分子の
粘弾性挙動について具体例を用いて解説し、実際の材料を扱う際のポイントや解析手法に
ついて述べる。

■プログラム:
1.粘弾性測定
 1-1.レオロジーとは?
 1-2.粘弾性測定の基礎(応力とひずみ)
 1-3.刺激と応答(因果律)

2.線形粘弾性理論
 2-1.応力緩和(マクスウェルモデル)とクリープ(フォークトモデル)
 2-2.緩和時間
 2-3.緩和時間と観測温度
 2-4.緩和スペクトル
 2-5.静的試験と動的試験

3.無定形高分子の粘弾性
 3-1.高分子の粘弾性の温度依存性
 3-2.温度-時間換算則、シフトファクター、活性化エネルギー
 3-3.ガラス-ゴム転移領域
 3-4.高分子鎖のからみ合い
 3-5.からみ合い点間分子量と臨界分子量

4.結晶性高分子の粘弾性
 4-1.ポリエチレン固体の粘弾性スペクトル
 4-2.緩和強度の算出方法

5.まとめ

スケジュール
12:30-14:20 講義
14:20-14:30 休憩
14:30-16:30 講義

※講義の進行状況により多少前後いたします。

Copyright (C) 2022 NTS Inc. All right reserved.