. .
セミナー・イベントTOPへ戻る

EVシステムおよびコンポーネント技術の進化、最新の技術の動向、ビジネスとしての将来展望について詳説!

EV技術の動向とビジネスチャンス
〜生産工場の作業改善の基礎から革新的生産性向上に対応した自動化を学ぶ〜

■開催日時:2018年07月25日(水)12:30〜16:00

■会場:商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 第2研修室

■定員:30名

■受講料:49,980円(税込、資料付き/1人)
※最新のセミナー情報を「配信可」にすると割引適用(登録無料)

割引受講料
47,250円(税込、資料付き/1人) 49,980円(税込、資料付き/2人)
主催者:(株)R&D支援センターからのセミナー・関連製品情報の配信を可とした際に、
割引適用いたします。
申込ページの「通信欄」に“配信可・Eメール” or “配信可・郵送” or 
“配信可・FAX”とご記入ください。

■主催:(株)R&D支援センター

■講師:
早稲田大学 環境総合研究センター 客員教授 工学博士 廣田 寿男 氏

<ご専門>
 電動車両(EV、FCVなど)、バッテリ

<学協会等>
 自動車技術会

<ご略歴>
 1972年、日産自動車入社、中央研究所
     電気自動車EV、燃料電池FCの研究開発
     水素エンジン、アルコールエンジンの研究開発
 1990年、エンジン開発部門、生産車エンジンの開発 
 1994年、米国駐在、各種開発車両(ガソリン車、EVなど)の性能開発
 1998年、帰国。総合研究所配属。燃料電池システムの研究開発
 2001年、米国駐在。コネチカット州に燃料電池研究室開設
 2005年、帰国。技術企画部。EVなど環境・エネルギー開発戦略
 2014年、日産自動車退職

 2008年、早稲田大学環境総合研究センター(兼務)
 2010年、リチウムイオンバッテリ電動バスの研究開発
 2011年、リチウムイオンバッテリの性能および劣化要因に関する研究 
 2015年、FCゴミ収集車の開発および実証試験によるFC/バッテリに関する研究
     現在に至る

■趣旨:
 本セミナーでは、世界市場で急速に導入が拡大しつつあるEVの現状、その背景となるEVシステム
およびコンポーネント技術の進化、さらに最新の技術の動向を踏まえ、クルマはエンジン車からEVに
置き換わるかなど、ビジネスとしての将来展望について述べる。


1.EVの市場導入が急速に進む
  1-1.EVの市場導入、各国政府の政策
    〜環境に優しいだけでは新技術は市場に普及しない〜
  1-2.エンジン車を凌駕するEVの魅力
    〜バッテリとパワエレの技術革新がEVを魅力あるクルマにかえた〜

2.EV技術の現状および課題解決に向けた取組み
  2-1.EVシステム技術
  2.2.コンポーネント技術
    〜EVの技術課題:航続距離、価格、充電を解決する取組み〜
    (1)モータ・インバータ:小型軽量化、制御性の改善
    (2)バッテリ:エネルギー密度の向上、耐久信頼性の向上、コスト低減
    (3)充電技術:充電時間の短縮、ワイヤレス充電、走行中給電
  2-3.クルマはエンジン車からEVに置き換わるか?

3.将来展望
  3-1.EV技術の将来展望:さらなる技術革新のポテンシャル
  3-2.燃料電池車FCV、実用的なソーラーカーへの期待
  3-3.サステナブルモビリティの実現を目指して

Copyright (C) 2018 NTS Inc. All right reserved.