. .
セミナー・イベントTOPへ戻る


微細藻類の基礎と大量生産技術のポイント・産業利用の拡大に向けた展望
【LIVE配信】


■開催日時:2024年07月17日(水) 13:00〜17:00

■会場:【WEB限定セミナー】※在宅、会社にいながらセミナーを受けられます 

■定員:30名

■受講料:49,500円(税込、資料付き/1人)
※最新のセミナー情報を「配信可」にすると割引適用(登録無料)
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,500円(税込)から
 ・1名で申込の場合、46,200円(税込)へ割引になります。
 ・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,500円(2人目無料)です。

■備考:
資料付き
【LIVE配信セミナーとは?】

■主催:(株)R&D支援センター

■講師:株式会社ちとせ研究所
Tech & Biz Development Div. Senior BioEngineer
松ア 巧実 氏

【ご専門】微細藻類の大量培養

■必要な予備知識:
特に予備知識は必要ありません。基礎から解説いたします。

■趣旨:
 温室効果ガスの排出を2050年までに実質ゼロにすることを目指し、世界各国で脱炭素に向けた取り
組みが加速している。ちとせグループは、現在の化石資源に依存した社会構造の変革を目指し、微細
藻類を利用した持続可能な社会基盤の構築を進めている。これまで10年以上に渡り、国内外で複数種
の生産システム及び微細藻類を屋内外において様々な規模で扱ってきた実績を基に、現在多数のパー
トナーと共に微細藻類生産施設の更なる拡大と微細藻類製品の開発、サプライチェーンの構築等に取
り組んでいる。
 本講演では、微細藻類やその生産技術等に関する基礎的な内容に加え、微細藻類産業の現状や課題、
今後の展望等の応用的な内容について解説する。また、ちとせグループが主導する現在世の中で最も
大きな微細藻類に関する取り組みについても併せて紹介する。

■プログラム:
1. なぜ今、「微細藻類」か?
   1-1. 微細藻類への期待
   1-2. 微細藻類の何が注目されているか?
      (1)微細藻類のポテンシャル
      (2)微細藻類と人類の歴史
   1-3. 一般的な微細藻類とその特徴

2. 微細藻類はどのように生産するのか?    
   2-1. 微細藻類の生産プロセス
   2-2. 微細藻類生産システムの種類とそれぞれの特徴
   2-3. 微細藻類の商業生産における技術課題
      (1)目的外生物のコンタミネーション
      (2)生産施設の大規模化
      (3)CO2・エネルギー収支

3. 微細藻類ビジネスの現状とこれから
   3-1. 微細藻類産業の現状課題と提言
   3-2. 微細藻類産業の構築に向けた取り組み: MATSURIプロジェクト
      (1)ちとせグループの微細藻類生産技術
      (2)MATSURIプロジェクトによる微細藻類利用技術等の開発
      (3)その他微細藻類産業の構築に向けた取り組みの紹介


【質疑応答】

Copyright (C) 2024 NTS Inc. All right reserved.