. .
セミナー・イベントTOPへ戻る


熱分析による高分子材料の測定ノウハウと分析・解析事例【Webセミナー】

■開催日時:2022/07/20(水)  10:30〜16:30

■会場:【WEB限定セミナー】※在宅、会社にいながらセミナーを受けられます。 

<Webセミナーのご説明>
本セミナーはZoomウェビナーを使用したWebセミナーです。
※ZoomをインストールすることなくWebブラウザ(Google Chrome推奨)での参加も可能です。
お申込からセミナー参加までの流れはこちらをご確認下さい。
キャンセル規定、中止の扱いについては下欄の「お申込み方法」を確認ください。

<禁止事項>
セミナー当日にZoomで共有・公開される資料、講演内容の静止画、動画、音声のコピー・複製・
記録媒体への保存を禁止いたします。

■受講料:
 51,000円(税込、資料付き/1人)
※資料付
※Eメール案内(無料)を希望される方は、通常1名様51,000円から
 ★1名で申込の場合、44,000円
 ★2名同時申込の場合は、2名様で51,000円(2人目無料)
 ★3名同時申込の場合は、3名様で73,000円
 ★4名以上同時申込の場合は、3名様受講料+3名様を超える人数×20,000円
※2名様以上の同時申込は同一法人内に限ります。
※2名様以上ご参加は人数分の参加申込が必要です。
 ご参加者のご連絡なく2様以上のご参加はできません。


■主催:S&T出版

■講師:
大久保 信明 氏
(株)日立ハイテクサイエンス アプリケーション開発センタ 主任

■本セミナーの趣旨:
 熱分析は温度に対するさまざまな物性の変化をとらえる一連の測定技法の総称であり,測定
対象としてどのような物理量を検出するかによりいくつもの技法に分かれています。したがって
分析の目的に応じて適切な測定技法を選択するとともに,各技法の原理や性質を正しく理解し,
得られたデータを的確に解釈することが肝要です。
 本講では高分子材料の熱分析を対象に,DSC/DTA/TG/TMAに関する基本的な知識および実践の場で
役立つノウハウを平易に解説するとともに,高分子材料の典型的な分析事例を紹介します。

■学べる事
・DSC/DTA/TG/TMAの原理
・測定条件の考え方・決め方
・データ解析の基本
・チャートの見方
・熱分析装置の保守管理とトラブルシューティング

■プログラム:
1. 熱分析とは
 1.1 熱分析の定義
 1.2 熱分析の種類と測定技法の選び方
 1.3 熱分析データの概念

2. DTA・DSCの原理と応用
 2.1 DTA・DSCの原理
 2.2 DTA・DSCの測定・解析
 2.3 DTA・DSCの応用
  2.3.1 ポリスチレンのガラス転移
  2.3.2 ポリエチレンの融解
  2.3.3 ポリエチレンテレフタレートの熱履歴
  2.3.4 エポキシ接着剤の硬化反応
  2.3.5 DSCによる比熱容量測定
  2.3.6 高分子材料の酸化誘導時間測定

3. TGの原理と応用
 3.1 TGの原理
 3.2 TGの測定・解析
 3.3 TGの応用
  3.3.1 高分子材料の分解
  3.3.2 ゴム材料の成分分析
  3.3.3 反応速度論解析による高分子材料の劣化寿命予測

4. TMAの原理と応用
 4.1 TMAの原理
 4.2 TMAの測定・解析
 4.3 TMAの応用
  4.3.1 ポリ塩化ビニルの膨張率・ガラス転移温度
  4.3.2 ガラス転移測定に及ぼす残留歪の影響
  4.3.3 高分子フィルム材料の軟化点
  4.3.4 熱膨張・熱収縮の異方性

5. 熱分析装置の保守管理
 5.1 装置校正(キャリブレーション)
 5.2 トラブルシューティング

Copyright (C) 2022 NTS Inc. All right reserved.