. .
セミナー・イベントTOPへ戻る


EV化におけるインバータの要求特性と技術動向【Webセミナー】
〜実装技術を中心に〜

■開催日時:2024/07/08(月) 10:30〜16:30

■会場:【WEB限定セミナー】※在宅、会社にいながらセミナーを受けられます。 

<Webセミナーのご説明>
本セミナーはZoomウェビナーを使用したWebセミナーです。
※ZoomをインストールすることなくWebブラウザ(Google Chrome推奨)での参加も可能です。
お申込からセミナー参加までの流れはこちらをご確認下さい。
キャンセル規定、中止の扱いについては下欄の「お申込み方法」を確認ください。

<禁止事項>
セミナー当日にZoomで共有・公開される資料、講演内容の静止画、動画、音声のコピー・複製・
記録媒体への保存を禁止いたします。

■受講料(税込): 55,000円
※プリント資料付、会場参加者は昼食付
※Eメール案内を希望されない方は、「55,000円×ご参加人数」の受講料です。
※Eメール案内(無料)を希望される方は、通常1名様55,000円から
 ★1名で申込の場合、49,500円
 ★2名同時申込の場合は、2名様で55,000円
 ★3名同時申込の場合は、3名様で73,700円
 ★4名以上同時申込の場合は、ご参加者数×22,000円
※2名様以上の同時申込は同一法人内に限ります。
※2名様以上ご参加は人数分の参加申込が必要です。
 ご参加者のご連絡なく2様以上のご参加はできません。

■主催:S&T出版

■講師:
神谷 有弘 氏<カミヤ アリヒロ>
所属
略歴
【略歴】
1983年4月 日本電装(株)(現:(株)デンソー)入社
2024年2月 (株)デンソー 退社

【活動】
JIEP 部品内蔵技術委員会 委員

■本セミナーの趣旨:
 車両の電動化に伴い、パワートレインの制御ユニットとしてのインバータに注目が集まってい
ます。インバータは、高級車から小型車まで様々な要求に対応する必要があります。基本は車両
のEV用プラットフォーム設計にどのように対応させるかです。インバータへの要求事項を整理し、
各事例を紹介しながら、各要求特性への対応の考え方を解説いたします。

■プログラム:
1.カーエレクトロニクスの概要
 1-1 環境対応
 1-2 安全性向上

2.車載電子機器と実装技術への要求
 2-1 小型化要求の背景
 2-2 信頼性向上とその難しさ
 2-3 車載電子システムの増加とプラットフォーム(PF)設計
 2-4 小型化と熱マネジメント

3.インバータへの要求特性
 3-1 テスラの戦略から読み解くEVの動向
 3-2 PF戦略
 3-3 インバータのEV用PF設計への対応

4.パワーデバイス・モジュールの放熱・実装設計
 4-1 パワーモジュールの放熱性向上
 4-2 間接片面冷却
 4-3 間接両面冷却
 4-4 直接片面冷却
 4-5 直接両面冷却

5.各インバータの事例から学ぶ
 5-1 低コストの追求
 5-2 高電圧充電対応
 5-3 小型・薄型化
 5-4 軽量化
 5-5 e-Axle対応

6.将来動向
 6-1 小型車から高級車まで
 6-2 インバータが車両(EV)の付加価値を決める
 6-3 実装技術の目指す姿

Copyright (C) 2024 NTS Inc. All right reserved.