. .
セミナー・イベントTOPへ戻る

日々アップデートされ、様々な分野で活用が進むROSを使ったプログラミング方法を学び、製品開発へ活かすための講座

ロボット技術に深い知見を持つ講師から、システム開発のノウハウを学べる特別セミナー!

※PCは会場に用意致します

ROSによるプログラミングの基礎とシステム開発への応用 〜1人1台PC演習付〜
〜 オープンソースソフトウェアによるロボット開発、ROS環境での開発手順とデバッグ、
ROSプログラミング実習 〜

■開催日時:2018年08月17日(金) 10:30 〜 17:30


■会場:日本テクノセンター研修室
    (東京都新宿区西新宿二丁目7-1 小田急第一生命ビル 22階)

■受講料:一般(1名) : 49,680円 (税込)
     同時複数申し込みの場合(1名) : 44,280円 (税込)

■主催:(株)日本テクノセンター


■受講対象者:
・機械、システム、ソフトほか関連部門の方
・ロボットを動かすプログラミング技術を身に付けたい方
・地図作成、ナビゲーション、画像、音声の業務に携わっている方

■予備知識:
・Linuxによるプログラミング経験があると理解が深まります
・画像処理や音声処理の基礎的な知識があると理解が深まります

■修得知識:
・ROSを使って各種のロボットを制御するために知識を身に付けることができる

■講師の言葉:
ロボットプログラミングに限らず、様々な分野でオープンソースソフトウェアの活用が進んで
います。ROSは世界中で5万人以上のユーザがいるロボットプログラミングの最大のソフト
ウェア群です。

地図作成やナビゲーション、双腕ロボットの把持動作の生成、カメラ画像の処理、音声対話など、
数千以上のモジュールが公開され日々アップデートされています。ROSを使うことにより様々な
ロボットを最低限のコストで利用することが可能です。

本講義では、ROSを含めたロボットミドルウェアの紹介を行い、オープンソースソフトウェアを
利用したプログラム開発について学びます。また、ROSの歴史から、実際にPCにインストール
してロボットプログラムを開発するまでの手順を紹介し、様々なロボットをROSによって動かす
ための基礎知識を身につけます。


1.ロボットミドルウェアによるロボット開発
  (1).オープンソースソフトウェアとオープンソースハードウェア
  (2).オープンソースソフトウェアによるロボット開発
  (3).ロボットミドルウェア入門

2.ROS入門
  (1).ROSの歴史
  (2).ROSの概要
  (3).ROSのコミュニティ

3.ROSを使ったロボットシステム
  (1).ROSで動いているロボット
  (2).ROSの今後

4.ROSの仕組み
  (1).pub/sub型のメッセージング
  (2).RPC(リモート関数呼び出し)

5.ROS開発環境の構築
  (1).Linuxの操作コマンド
  (2).開発手順
  (3).デバッガー

6.ROSプログラミング実践

7.まとめと質疑応答

Copyright (C) 2018 NTS Inc. All right reserved.