. .
セミナー・イベントTOPへ戻る


製造ラインにおける協働ロボット導入のポイントと運用法【LIVE配信】
導入する上で考慮すべきポイントと活用法を詳解!

■開催日時:2022年08月05日(金) 13:00〜17:00

■会場:【WEB限定セミナー】※在宅、会社にいながらセミナーを受けられます 

■定員:30名

■受講料:49,500円(税込、資料付き/1人)
※最新のセミナー情報を「配信可」にすると割引適用(登録無料)
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,500円(税込)から
 ・1名で申込の場合、44,000円(税込)へ割引になります。
 ・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,500円(2人目無料)です。

■備考:
資料付き
【LIVE配信セミナーとは?】

■主催:(株)R&D支援センター

■講師:
竹内技術士事務所 所長 竹内 利一 氏
(東京電機大学非常勤講師)
<プロフィール>
1983年 株式会社日立産機エンジニアリング入社。
ロボット周辺装置、搬送・部品供給装置、試験装置など、主に自動化設備の設計を務める。
2015年 竹内技術士事務所を開設。
産業機械、自動制御、メカトロニクス、物流関連等の自動化設備の生産性向上のコンサルタント
として活躍している。
技術士(機械部門)。
専門は、加工・ファクトリーオートメーション及び産業機械。
日本技術士会会員、日立技術士会会員、東京電機大学技術士会幹事。

■習得できる知識:
1. 協働ロボットを導入する上で考慮すべきポイント
2. 協働ロボットの活用方法
3. 協働ロボット導入の手順

■趣旨:
 協働ロボットを導入することにより、人は単純作業や過酷労働から解放され、より創造的な
仕事に集中することができます。それと同時に、少子高齢化による人手不足という課題も解決
できます。
 しかしながら、中小製造業を中心に、まだその利点を十分に理解できていない企業も多く、
情報不足、認識不足の状態が現状と思われます。
 そこで、本セミナーでは、協働ロボットを導入する上で考慮すべきポイントと、その活用
方法について説明することで、もっと協働ロボットについて知っていただき、具体的な活用に
つなげてもらえたらと思います。

■プログラム:
1.協働ロボットとは
 1-1.協働ロボットの概要
 1-2.産業用ロボットとの違い

2.協働ロボットの導入効果
 2-1.協働ロボットの安全性
 2-2.協働作業のメリット

3.協働ロボットの事例紹介
 3-1.人と同じ作業場での共存
 3-2.安全と作業効率

4.協働ロボットの導入準備・費用
 4-1.協働ロボット導入にかかる費用
 4-2.レンタルサービスの利用

5.協働ロボットの導入方法・ステップ
 5-1.協働ロボットに何をさせるか
 5-2.タクトタイムと人の共存

Copyright (C) 2022 NTS Inc. All right reserved.