. .
セミナー・イベントTOPへ戻る


EVをはじめとした次世代自動車の最新動向とリチウム、コバルト、
ニッケル等のレア・メタルと希ガスの今後の見通し【Webセミナー】


■開催日時:2022/08/19(金)  13:00〜16:30

■会場:【WEB限定セミナー】※在宅、会社にいながらセミナーを受けられます。 

<Webセミナーのご説明>
本セミナーはZoomウェビナーを使用したWebセミナーです。
※ZoomをインストールすることなくWebブラウザ(Google Chrome推奨)での参加も可能です。
お申込からセミナー参加までの流れはこちらをご確認下さい。
キャンセル規定、中止の扱いについては下欄の「お申込み方法」を確認ください。

<禁止事項>
セミナー当日にZoomで共有・公開される資料、講演内容の静止画、動画、音声のコピー・複製・
記録媒体への保存を禁止いたします。

■受講料:45,100円(税込、資料付き/1人)
※資料付
※Eメール案内(無料)を希望される方は、通常1名様45,100円から
 ★1名で申込の場合、39,600円
 ★2名同時申込の場合は、2名様で45,100円(2人目無料)
 ★3名同時申込の場合は、3名様で66,000円
 ★4名以上同時申込の場合は、3名様受講料+3名様を超える人数×19,800円

※2名様以上の同時申込は同一法人内に限ります。
※2名様以上ご参加は人数分の参加申込が必要です。
 ご参加者のご連絡なく2様以上のご参加はできません。

■主催:S&T出版

■講師:
岩間 剛一 氏
和光大学 経済経営学部 教授

■本セミナーの趣旨:
 世界的な脱炭素の流れのなか、多くのエネルギー専門家の予測よりも速いペースで、電気自動車
(EV)をはじめとした次世代自動車への動きが加速している。他方、脱炭素実現のために必要
不可欠なレア・メタル、レア・アース、希ガスの価格が、資源エネルギー大国ロシアによる
ウクライナへの侵攻により高騰している。リチウム価格は前年比6倍、ロシアが主生産国となって
いるニッケルは過去最高値、その他にも、ネオジム、ジスプロシウム、ネオン等のレア・アース
価格、希ガス価格も高騰している。レア・メタルの価格高騰は、電気自動車の中心となっている
リチウム・イオン電池の価格上昇につながる。
 ただし、世界的な電気自動車の流れは変わらず、これまでは電気自動車に距離を置いていると
思われてきた世界首位の自動車メーカーのトヨタが、2021年12月14日に2030年に電気自動車の
世界販売台数を350万台と大幅に引き上げ、投資額も蓄電池を含めて4兆円と、電気自動車に注力
することを表明した。2022年1月にはソニーも、電気自動車をエンタテインメントの一つとして、
参入を検討することを表明し、日本を代表するソニーとホンダが手を組み、既存の大手自動車
メーカー、IT企業を巻き込んだ壮大な、「グレート・ゲーム」が始まった。COP26
(第26回国連気候変動枠組み条約締約国会議)において、世界はカーボン・ニュートラル
(温室効果ガス排出実質ゼロ)に向かうことで一致した。
 EV(電気自動車)、FCV(燃料電池車)等の開発・生産に、世界の大手自動車メーカーが
研究開発競争を繰り広げ、新興企業が事業機会を狙っている。世界の電気自動車販売台数は2021年の
450万台から2035年には2,400万台に増加するという予測も行われている。世界最大の電気自動車
メーカーであるテスラのEV販売台数は2021年に前年比87%増加し、年間93万台を超え、株式時価
総額もGM、トヨタを上回り1兆ドル(約115兆円)に達している。その他の自動車メーカーのEV
販売台数も、大きく増加している。日本を含めた世界において、脱ガソリン車への動きは加速して
いる。英国は2030年、フランスは2040年、米国カリフォルニア州は2035年までに、ガソリン車、
ディーゼル車の販売禁止を打ち出し、米国バイデン政権も2030年に新車販売の50%を電動化する
ことを表明している。日本も2030年代半ばには、ガソリン車から、ハイブリッド車、電気自動車、
燃料電池車等の電動化を目指すこととしている。自動車販売が好調な中国は、2035年には新車
販売の50%について電気自動車をはじめとするNEV(新エネルギー車)として、残りの50%を
ハイブリッド車とする環境対応を打ち出し、テスラを追い抜くべく、トヨタ、フォルクス・
ワーゲン、GM等の大手自動車メーカーが、電気自動車とリチウム・イオン電池の熾烈な開発
競争を行っている。
 世界の自動車産業は、100年に1度といえる大きな変革を求められている。第1に地球環境保護への
環境対応車の開発がある。気候変動対策、脱炭素社会の構築等への動きから、次世代自動車として、
燃料電池車、電気自動車、EVトラック、プラグ・イン・ハイブリッド車(PHV)、天然ガス
自動車、低燃費ガソリン車の開発・普及が、世界の自動車企業によって競われている。燃料
電池車は、水素と酸素を反応させて電気を作る燃料電池による自動車として、究極のエコ・カーと
される。しかし、燃料電池車の車体コストが割高で、水素ステーションの設置数が少なく、普及が
進まない。電気自動車も、リチウム・イオン電池の技術進歩により、1度の充電による走行距離が
400キロを超えているものの、ガソリン自動車と比較して、「短い航続距離」、「少ない充電
ステーション」、「長い充電時間」、「高価な蓄電池」が課題となっている。しかし、リチウム・
イオン電池の技術革新と価格低下により、意欲的な見通しにおいては、2040年の世界の電気自動車
市場は、新車販売の50%以上を占める。電気自動車は、スマート・フォンと比較して、1万倍近くの
リチウム・イオン電池の容量を必要とし、レアメタルであるリチウム資源、コバルト資源の偏在と、
需要の増加に供給が追いつかないうえに、ロシアによるウクライナへの侵攻もあって、正極材に
使うリチウム、コバルト、ニッケルというレア・メタルの価格も高騰している。世界は、電気
自動車の普及に向けて、レア・メタル、レア・アース争奪戦の様相を見せている。第2に自動運転、
カー・シェア、ライド・シェア等の新たな自動車の将来像が現実のものとなりつつあることが
挙げられる。今後は、AI(人工知能)を活用した、自動運転車の普及が本格化する可能性が
ある。電気自動車の普及は、ガソリン車に依存した部品メーカーの淘汰を促し、既存の自動車
企業、部品メーカーとIT企業の提携を通じて、日本の自動車メーカーの勢力図を変貌させる
可能性が強い。石油企業である出光興産も、小型EV販売への参入を目指している。
 米国をはじめとした世界各国が、地球環境に優しい次世代自動車育成の支援策を強化する動きを
強めている。リチウム・イオン電池については、正極材、負極材、電解液、セパレーター等の
素材において、日本企業が世界最先端の強みを持っていたが、製品、部品そのものは中国、韓国
企業に世界市場を席捲されている。全固体電池の開発、リチウム、コバルト、ニッケル資源の
開発状況と価格を見通し、2030年に向けて、次世代自動車の未来像を展望し、レア・メタルを
含めて、日本企業にとっての事業機会について次世代自動車の第一人者が分かりやすく詳説する。



■プログラム:
@ COP26後のカーボン・ニュートラルの動きと電気自動車の販売の加速
A ロシアによるウクライナ侵攻とレア・メタル、レア・アース等の価格高騰
B 次世代自動車の普及状況とガソリン自動車の競争力と生き残り策
C 欧米における次世代自動車への政策動向と強化支援策−脱ガソリン車
D 日本における次世代自動車への普及政策の今後−電動化への最新動向
E 燃料電池車のメリットとデメリット−量産化への制約
F 電気自動車のメリットとデメリット−自動運転、蓄電池の価格と性能
G 電気自動車の今後の普及予測−中国、米国、欧州諸国
H 天然ガス自動車のメリットとデメリット−米国のシェール・ガス革命
I 燃料電池車の普及の可能性と市場規模−燃料電池トラック、バス
J 水素ステーションの普及の可能性と市場規模−水素社会の促進策
K 電気自動車と充電ステーションの普及の可能性と今後の市場規模
L リチウム・イオン電池に係わる日本企業の強み−中国、韓国との競争
M リチウム資源の現状と今後の価格動向−リチウム資源の価格高騰
N コバルト、ニッケル資源の開発と今後の開発動向−ウクライナへの侵攻
O レア・アース、希ガスの今後の価格見通し−モーターと半導体の供給
P 天然ガス自動車と天然ガス・ステーションの普及の可能性と市場規模
Q 自動運転技術の革新動向とライド・シェアによる次世代自動車の新たな動き
R ハイブリッド車、低燃費ガソリン車の開発の現状と可能性−低価格とアジア
S 次世代自動車への日本企業のとるべき生き残り戦略−電動化とコンセプト

Copyright (C) 2022 NTS Inc. All right reserved.