. .
セミナー・イベントTOPへ戻る


【オンラインLive配信・WEBセミナー】
3Dプリンターにおける基礎と樹脂(パウダー式・フィラメント)への
要求・最新用途展開


■日時:2021年09月17日(金) 12:30〜16:30

■会場:※会社やご自宅のパソコンで視聴可能な講座です
※ お申込み時に送られるWEBセミナー利用規約・マニュアルを必ず、ご確認ください。

■定員:30名

■受講料:44,000円(税込、テキスト費用を含む)
 ※複数でのご参加を希望される場合、お申込み追加1名ごとに¥11,000加算となります

■主催:(株)AndTech

■講師:
第1部 (株)ストラタシス・ジャパン R&Dセンター コンサルタント 三森 幸治 氏
第2部 大塚化学(株) 化学品事業本部 化学品開発部 稲田 幸輔 氏
第3部 ダイキン工業(株) 化学事業部 マーケティング部 松尾 岳之 氏


∽∽───────────────────────∽∽

第1部 3Dプリンターにおける基礎と樹脂(フィラメント・パウダー式)への要求・最新用途展開


【講演キーワード】
3Dプリンタ―、積層造形、AM、FDM、フィラメント、DfAM、NCAMP、コスト検証、品質保証

 
【講演主旨】

 3Dプリンター用の材料開発は最終製品への採用増加と共に加速してきており、従来に比べて
要求仕様が厳格化すると同時に市場拡大に合わせて需要量も拡大している。
本セミナーでは3Dプリンティングの現状と最新状況を踏まえて、大きな需要と付加価値が見込
める量産製造対応に向けた検証を行い、3Dプリンター用材料に求められる項目を技術背景と共に
解説して行く。また顧客要求に適合する材料開発のための提案にも触れて行く。


【プログラム】

1.3Dプリンティング技術の概要
 1-1 各種方式と長所短所
 1-2 3Dプリンティング市場と今後の製造市場規模について
 1-3 3Dプリンティング5つの導入メリット
2 3Dプリンターの方式と材料の関係
 2-1 各種方式の材料について
 2-2 MEX方式とフィラメント材料のについて
 2-3 PBF方式のコスト検証、品質保証検証事例(自動車分野)
 2-4 航空機分野での材料情報(NCAMP)
3 最新事例
 3-1 3Dプリンターへの要求事項
 3-2 3Dプリンターの新機種・新機能動向
 3-3 様々な活用事例
4 DfAM (Design for AM) について
 4-1 DfAM事例
 4-2 使いこなしチャート(材料への要望情報の取得)
 4-3 設計スキルの有効活用(GrabCAD)

【質疑応答】

 ∽∽───────────────────────∽∽

第2部 フィラー入り3Dプリンタ材料の特徴と応用

【キーワード】

3D用繊維強化フィラメント、3D精密造形


【プログラム】

1.AM装置・3Dプリンタの方式
2.各造型方式に対する課題と開発目標
3.FDM(MEX法)
 3-1 フィラー入り3Dプリンタ材料開発
 3-2 造形条件
 3-3 造形安定性確認
 3-4 物性評価結果
4.3Dプリンタ用ポチコン材料
 4-1 LEXTER系 物性比較
 4-2 6ナイロン系 物性比較
 4-3 3Dプリンタ用ポチコン材料・技術可能性
5.フィラー配向制御、摩擦摩耗特性改善
6.SLS方式用ポチコンPPS粒子と造形例
7.FDM造形専用ソフトNEONITE(ケイワイ社)による物性改善方策

【質疑応答 名刺交換】

 ∽∽───────────────────────∽∽

第3部 3Dプリンター用フッ素樹脂造形材料の特徴と期待される応用展開


【プログラム】

1.フッ素樹脂「PFA」
 1-1 フッ素樹脂
 1-2 フッ素樹脂「PFA」の特徴
2.粉末床溶融結合
 2-1 付加製造技術
 2-2 粉末床溶融結合(Powder bed fusion : PBF)
3.PFAを用いた粉末床溶融結合
 3-1 PFA粉体(開発品)
 3-2 PFA造形品の物性
 3-3 PFA粉体のリサイクル性

【質疑応答】

Copyright (C) 2021 NTS Inc. All right reserved.