. .
セミナー・イベントTOPへ戻る


用途別の有機ELディスプレイ技術と産業展望

■開催日時:2017年9月21日(木)13:30〜16:30

■会場:『ちよだプラットフォームスクウェア』 (東京都千代田区)

■受講料 42,000円(税込、資料付き/1人)

■主催 (株)シーエムシー・リサーチ

■講師
服部 寿 氏
 分析工房 照明・ディスプレイ事業部 シニアパートナー Ph.D.

【講師経歴】
 ・英Aston Universityにおいて流体工学分野でPhDを取得後、コマツ、東京エレクトロン、
  KLA-Tencorなどに技術・営業・マーケティング職などで勤務。
 ・機械振興協会などの委託で固体素子照明(SSL)開発において先行している海外の国家
  プロジェクトや企業動向・開発戦略の調査を2007年から行い、最新のLEDや有機ELなどの
  照明デバイス、照明器具の海外市場・標準化・開発・特許の現状と将来展望に関する内容を
  調査し、各種セミナーなどで発表し、調査報告書なども出版している。
 ・2009年から2010年にかけて照明の環境面を評価する照明学会の「サステイナブル(Sustainable)
  照明システム委員会」幹事を務め、現在はLED照明事業開発・有機EL照明事業開発などの分野の
  コンサルタントを行っている。
 ・2011年から現在までは、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「次世代
  照明等の実現に向けた窒化物半導体等基盤技術開発/次世代高効率・高品質照明の基盤技術
  開発」の研究評価委員(中間・事後)を務めた。
 ・現在は、分析工房株式会社などで企業や公的機関向けのコンサルティングや市場レポートの
  発行、照明機器関連製品・有機EL材料の輸出、輸入、販売を手がける。

■趣旨
 有機ELのフレキシブル化の進展で、基板がプラスチックとなり、このために新しい封止技術や
LLO技術が採用されている。透明配線も新材料に移行し、基本性能も生産プロセス技術・生産管理も
未発達の部分がまだ多く残されている。本講義では、用途別の有機ELの基礎技術、特徴、これまでの
技術開発の経緯と残された課題、ディスプレイへの応用動向、現状の生産プロセスと課題など、
アジアの有機ELの全般動向を網羅的にわかりやすく解説する。

■セミナー対象者
 有機ELに関係する材料、部材、パネル製造、セットメーカー、照明機器メーカーの事業企画、
開発企画、開発、製造、設計技術者や経営者、投資家、調査企業

■セミナーで得られる知識
 有機ELディスプレイ・照明の特徴、基本的な技術知識、国内外の実用化の動き、有機ELの特徴を
活かす車載用などの用途、材料知識、製造方法、製造コスト、今後の有機EL技術が大きく伸びる
ために解決しなければならない課題、LED・液晶との競争や将来の有機ELの進む方向、国際的な
競合、基礎的・総合的な知識。


 ※ 適宜休憩が入ります。

1. 有機ELディスプレイパネルのアプリケーション、市場規模予測、投資動向
 1-1. 有機ELディスプレイの基礎と全体動向
 1-2. スマートフォン向けパネル市場
 1-3. 自動車向けパネル市場
 1-4. テレビ向けパネル市場

2. 韓国産業界の動向、開発戦略、開発課題
 2-1. 韓国メーカー製品のアプリケーションと仕様
 2-2. 小型・中型有機ELパネルのプロセス装置と材料
  2-2-1. 基板材料とLLOプロセス ・製造装置
  2-2-2. 封止技術と材料・プロセス
  2-2-3. TFTのプロセス
  2-2-4. 有機EL工程と材料・製造装置・開発動向
  2-2-5. 透明電極の課題と開発動向
  2-2-6. タッチパネル・カバーの開発動向
 2-3. 大型白色有機EL(WOLED)パネルのプロセス装置と材料

3. 中国・台湾の産業界の市場動向、開発戦略、開発課題

4. 日本企業の動向、開発戦略、開発課題、進むべき戦略の方向性 

Copyright (C) 2017 NTS Inc. All right reserved.