. .
セミナー・イベントTOPへ戻る


次世代ビジネス戦略『サーキュラーエコノミー』は循環型社会とどう違うのか

■開催日時:2021年9月13日(月) 13:30〜16:30 

■会場:本セミナーは、当日ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
お申込み前に《こちらのご案内》をご確認下さい。


■受講料:49,500円(税込)  * 資料付
*メルマガ登録者 44,000円(税込)
*アカデミック価格 26,400円(税込)
★ アカデミック価格:学校教育法にて規定された国、地方公共団体および
 学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。
★【メルマガ会員特典】2名以上同時申込かつ申込者全員メルマガ会員登録を
 していただいた場合、1名あたりの参加費がメルマガ会員価格の半額となります。
★ お申込み後のキャンセルは基本的にお受けしておりません。ご都合により
 出席できなくなった場合は代理の方がご出席ください。

■主催:(株)シーエムシー・リサーチ

■講師:原田 幸明 氏
(一社)サステイナビリティ技術設計機構 代表理事
(国研)物質・材料研究機構 名誉研究員

【講師経歴】
 1951年 長崎県壱岐生
 1979年 東京大学院 博士課程修了 (金属工学)
 1980年 科学技術庁 金属材料技術研究所(のち(国研)物質・材料研究機構)入所、同所 
     エコマテリアル研究センター長、元素戦略センター長等を歴任
 2017年  同所 退職、同名誉研究員、(一社)サステイナビリティ技術設計機構代表理事
【活 動】
 サーキュラー・エコノミー&広域マルチバリュー循環研究会 代表、エコマテリアル・
フォーラム会長、エコデザイン推進機構理事、日本LCA学会 元会長、「都市鉱山メダルの会」
呼びかけ人代表

【著 書】
 「動き出したレアメタル代替戦略」「よくわかる都市鉱山開発」

■趣旨:
 海洋プラスチック問題などが大きくなる中で、気候危機に対する「カーボンニュートラル」と
並んで、「サーキュラー・エコノミー」がこれからの社会とビジネスの目標として注目されて
きており、会社としての取り組みが始まりだしている。しかし、この「サーキュラー・エコノミー」
は直訳すれば「循環経済」で、これまで我が国が掲げてきた「循環型社会」と類似しているために、
「循環型社会とどこが違うのか」「静脈産業でない我社が何故循環経済に取り組まねばならぬのか」
などの混乱や躊躇も起きている。他方で、欧州、アメリカさらには中国も、サーキュラー・エコノ
ミーをビジネスや経済のトランジションとしてデジタル・エコノミーをテクノロジーも活用して
積極的にビジネスを拡大しようとしており、ここに大きな格差が生じようとしている。
 実はサーキュラー・エコノミーは「循環経済」では訳しきれない内容を持っており、基本的には
「モノを大量に売る経済」から「サービス売り」への転換、ビジネスのプラットフォーム化などの
内容を含んでいる。本セミナーでは、「循環型社会」とサーキュラー・エコノミーの違いを明確に
し、サーキュラー・エコノミーが目指している新たなビジネス像とは何かを解説していく。

■セミナー対象者:
 サーキュラー・エコノミーに関心のあるビジネスマンおよび社会実践者

■セミナーで得られる知識:
 ・サーキュラー・エコノミーの目指すものとSDGsの関連
 ・サーキュラー・エコノミーに特徴的なビジネスモデルの諸形態
 ・サーキュラー・エコノミーのキーワード:PAAS 、シェアリング、リマニュファクチャリング、
  リファービッシュ、プラットフォーム、残存価値


※ 適宜休憩が入ります。
1. 資源効率とデカップリング
 : サーキュラー・エコノミーが登場してきた背景
  
2. 循環型社会
 : サーキュラー・エコノミーとの違い
  
3. リテインド・バリュー
 : サーキュラー・エコノミーの着目点
  
4. サービスを売る
 : ビジネスを捉え直す
  
5. プラットフォームとオープン・イノベーション
  
6. 2050の世界像

Copyright (C) 2021 NTS Inc. All right reserved.