. .
セミナー・イベントTOPへ戻る

実生産におけるヒートシール条件設定時の注意点とは?

ヒートシールの基礎と条件設定および検査方法
〜基礎から不具合対応、検査方法まで解説〜

■開催日時:2017年09月20日(水)13:00〜16:00

■会場:商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 会議室

■定員:30名

■受講料 49,980円(税込、資料付き/1人)
※最新のセミナー情報を「配信可」にすると割引適用(登録無料)

割引受講料
47,250円(税込、資料付き/1人) 49,980円(税込、資料付き/2人)
主催者:(株)R&D支援センターからのセミナー・関連製品情報の配信を可とした際に、
割引適用いたします。
申込ページの「通信欄」に“割引可・Eメール” or “配信可・郵送” or 
“配信可・FAX”とご記入ください。

学校関係者受講料
10,800円(税込、資料付き/1人)
申込ページの「通信欄」に“学校関係者”とご記入ください。

■主催 (株)R&D支援センター

■講師
東洋食品工業短期大学 講師 博士(工学) 井上 保 氏
  【ご専門】熱工学


1.プラスチック容器
  1-1 種類と材料構成
  1-2 使用材料の特性
 2.ヒートシールの基礎
 3.シール方法
  3-1 ヒートシール
  3-2 インパルスシール
 4.ヒートシールの不具合
  4-1 はみ出し
  4-2 発泡
 5.適正なヒートシールの実施
  5-1 熱電対を使用する温度測定法 
  5-2 溶着面温度に影響する因子
  5-3 実生産におけるヒートシール条件設定時の注意点
 6.検査方法
  6-1 外観検査
  6-2 シール強度
  6-3 成形容器の破裂試験
  6-4 耐圧縮試験
  6-5 落下試験

Copyright (C) 2017 NTS Inc. All right reserved.