. .
セミナー・イベントTOPへ戻る


電子機器における防水設計の基礎と設計手法【LIVE配信】

■開催日時:2022年09月09日(金) 13:00〜16:00

■会場:【WEB限定セミナー】※在宅、会社にいながらセミナーを受けられます 

■定員:30名

■受講料:49,500円(税込、資料付き/1人)
※最新のセミナー情報を「配信可」にすると割引適用(登録無料)
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,500円(税込)から
 ・1名で申込の場合、46,200円(税込)へ割引になります。
 ・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,500円(2人目無料)です。

■備考:
資料付き
【LIVE配信セミナーとは?】

■主催:(株)R&D支援センター

■講師:神上コーポレーション株式会社 代表取締役 鈴木 崇司 氏

■受講対象・レベル:
若手設計者、防水構造を初めて手がける設計者

■必要な予備知識:
特に予備知識は必要ありません。

■習得できる知識:
防水設計の基礎知識や開発に役立つポイントを習得できる。

■趣旨:
 スマートフォンを中心とした電子機器への防水機能付与は一般的になりつつあります。
その恩恵は電子基板の保護やその故障率の低下など製品品質、品位の向上につながります。
求められる防水規格・試験は製品毎で異なりますが、防水構造の基本はそれほど変わる
わけではありません。基本的な部分を部品毎もしくは構造毎に纏めて解説していきます。
特に部品毎の説明にはメーカー提供資料も含めて紹介致します。
 防水製品の課題として、部品コストUP・デザイン制約・他の機能低下があります。特に、
小型・軽量化については注意が必要です。それらのポイントを分かりやすく解説します。
 防水機器の開発、設計におかれましてはカット&トライの繰り返しによる評価を今も
実施しておりますでしょうか?ここでは防水機器開発を一例として、フロントローディングの
実現をご提案致します。CAE活用開発プロセス概要を説明致しますので工程改善の一助として
頂ければ幸いです。


■プログラム:
1. 会社紹介

2. 電子機器と防水規格
   2-1. 電子機器と防水性       
   2-2. 防水規格(防塵規格)とは                

3. 防水設計のポイント
   3-1. 防水機能付加方法の分類 
   3-2. 製品コストコントロール     
   3-3. デザイン制約     
   3-4. 筐体剛性の課題  
   3-5. 密閉筐体による放熱特性の低下

4. 部品別の防水設計
   4-1(1). ケースの防水設計:防水構造の基本、インサート成形など
   4-1(2).Oリング、ゴムパッキン(ガスケット)設計       
   4-1(3). 各部両面テープによる防水設計
   4-1(4). ネジの防水設計

   防水による各部の設計差分
   4-2(1). 表示部・操作部の防水設計 
   4-2(2). 音響部の防水設計   
   4-2(3). コネクタ/外部インターフェイスの防水設計  
   4-2(4). 基板防水
   4-2(5). 防水筐体の放熱設計

5. 防水機能の評価
   5-1. 防水試験、評価の進め方  
   5-2. 原因解明と対策実施 

6. 防水機器の開発プロセス
   6-1. 開発・設計手法(CAE活用など)    
   6-2. 設計基準の策定    


【質疑応答】

Copyright (C) 2022 NTS Inc. All right reserved.