. .
セミナー・イベントTOPへ戻る


【テレワーク対応・WEBセミナー】
塗布技術の入門講座


■日時:2020年10月08日(木) 10:00〜16:00

■会場:※会社やご自宅のパソコンで視聴可能な講座です
※ お申込み時に送られるWEBセミナー利用規約・マニュアルを必ず、ご確認ください。

■定員:30名

■受講料:44,000円(税込、テキスト費用を含む) 
 ※複数でのご参加を希望される場合、お申込み追加1名ごとに¥11,000加算となります

■主催:(株)AndTech

■講師:畠山技術士事務所 所長 技術士 (応用理学部門) 畠山 晶 氏

■講演主旨:
商品にはいろいろな高機能が要求されるが、これだけでは充分ではない。良い商品にはこれ以外に、
多数の汎用機能も要求される。
特に接着や面状といった汎用機能が備わっていない商品は、如何に高機能であっても商品として
成り立たない。また絶縁や加飾の点からも塗布(コーティング)は必須の技術である。
一方、近年の商品には低コストも重要な要件である。低コストのためには、用いる素材は可能な
限り安価な市販品を用いることが好ましい。
本講演ではこのような商品を製造するための塗布(コーティング)のための素材、形成方法、汎用
性能の付与方法について述べる。また、塗布面の故障とその対策についても述べる。


1.初めに

2.高機能商品
 (1)高機能商品の構成
 (2)機能商品に要求される機能

3.基材
 (1)ポリマー基材と無機基材
 (2)ポリマー基材の特徴
 (3)ポリマー基材の種類
  (a)ポリマー基材の例−PET基材
  (b)ポリマー基材の例−フッ素基材
 (4)無機基材の特徴
 (5)無機基材の種類
  (a)無機基材の例−金属

4.基材の表面処理
 (1)ポリマー基材と無機基材の表面処理
 (2)コロナ処理
 (3)プラズマ処理
 (4)研磨処理

5.プライマー処理
 (1)プライマー処理の種類
 (2)プライマー処理の例

6.コーティング層を構成する素材
 (1) コーティング層の構成要素
 (2)バインダー
 (3)架橋剤
 (4)界面活性剤
 (5)マット剤
 (6)フィラー
 (7)ポリマー
 (8)すべり剤
 (9)可塑剤
 (10)消泡剤
 (11)UV吸収剤と安定剤
 (12)有機溶剤

7.コーティング層の形成
 (1) コーティング層の形成方法
 (2)水系コーティングと溶剤コーティング
 (3) コーティング液の構成成分と物性
 (4) コーティング液の乾燥過程

8.接着
 (1)フィルムの剥離
 (2)剥離面
 (3)剥離の評価
 (4)界面剥離の理論
 (5)実際の接着に効く要因とその改良

9.汎用機能の付与
 (1) コーティング層の屈折率
 (2)すべり
 (3)耐接着
 (4)バリア性
 (5)表面抵抗率低減
 (6)耐久性
 (7)機能性付与の弊害

10.故障対策
 (1) コーティング工程
 (2)ハジキ
 (3)白化
 (4)ゆず肌
 (5)割れ
 (6)ゴミ付き
 (7)擦り傷

11.演習・まとめ

【質疑応答】

Copyright (C) 2020 NTS Inc. All right reserved.