. .
セミナー・イベントTOPへ戻る


【テレワーク対応・WEBセミナー】
次世代空気二次電池の最新研究開発動向と今後の展望


■日時:2020年10月15日(木) 14:30〜17:30

■会場:※会社やご自宅のパソコンで視聴可能な講座です
※ お申込み時に送られるWEBセミナー利用規約・マニュアルを必ず、ご確認ください。

■定員:30名

■受講料:39,600円(税込、資料費用を含む)
 ※複数でのご参加を希望される場合、お申込み追加1名ごとに¥11,000加算となります

■主催:(株)AndTech

■講師:九州大学 大学院工学研究院 応用化学部門機能コース 教授 石原 達己 氏


■講演主旨:
 Zn-空気電池は高容量な電池として一次電池が現在利用されているが、その二次電池化には
空気極の可逆性の向上が求められる。本講演ではLa(Ca)CoO3においてメソポーラス構造の導入が
空気極の可逆性や安定性に及ぼす影響を紹介するとともに、2次電池としての可能性を紹介する。


1.空気電池とZn-空気電池
 1-1 特徴と課題
 1-2 空気電池の現状
 1-3 メソポーラス酸化物
2.空気極触媒
 2-1 空気極触媒の種類
 2-2 空気極触媒の要求条件
3.Zn-空気電池への応用
 3-1 Zn-空気電池の2次電池のための要求条件
 3-2 2次電池化のための課題
 3-3 繰り返し充放電特性
4.劣化機構
 4-1 繰り返し特性
 4-2 劣化機構の解明
5.アノードの課題
 5-1 アノードの現状
 5-2 アノードの課題
6.小型セルの試作と作動特性
7.今後の課題とまとめ

Copyright (C) 2020 NTS Inc. All right reserved.