. .
セミナー・イベントTOPへ戻る


【テレワーク対応・WEBセミナー】
UV硬化型接着剤の設計・評価・トラブル対策と応用展開


■日時:2020年10月22日(木) 14:00〜17:00

■会場:※会社やご自宅のパソコンで視聴可能な講座です
※ お申込み時に送られるWEBセミナー利用規約・マニュアルを必ず、ご確認ください。

■定員:30名

■受講料:33,000円(税込、テキスト費用を含む)
 ※複数でのご参加を希望される場合、お申込み追加1名ごとに¥11,000加算となります

■主催:(株)AndTech

■講師:(株)スリーボンド 研究開発本部 開発二部 電気開発課 松井 千晶 氏

■講演主旨:
 学生時代に光硬化型の接着剤を使うもしくは設計するといった経験のある方は少なく、社会に
出てから初めて扱う方が多いと思います。また、光硬化型接着剤の製品数は非常に多く、それらの
機能や特徴を理解し扱うのは困難です。その中で光硬化型接着剤の分類や組成をはじめとした
全体像を知ることは、種々の接着剤を扱うもしくは設計する近道だと考えます。そこで、主に
新任者の方や接着剤を使用したデバイスの開発設計部門の方を対象に、紫外線硬化型接着剤の
分類、光源、組成、評価法、実使用におけるトラブル対策といったところを解説します。特に、
接着剤の開発者として、実使用に視点を置いて解説したいと思います。


1.UV硬化型接着剤の概要、分類
 1-1 概要 紫外線硬化性樹脂とは?
 1-2 光ラジカル重合
 1-3 光カチオン重合
 1-4 光アニオン重合

2.光源
 2-1 光源の分類とその特徴
 2-2 光源使用時の留意点

3.UV硬化型接着剤の組成
 3-1 組成
 3-2 オリゴマー
 3-3 モノマー
 3-4 光重合開始剤

4.硬化挙動の評価方法
 4-1 リアルタイムFT-IR
 4-2 UVレオメータ

5.硬化阻害対策
 5-1 酸素阻害対策(光ラジカル重合)
 5-2 水分阻害対策(光カチオン重合)

6.黄変対策

7.影部の硬化方法
 7-1 嫌気硬化付与型
 7-2 湿気硬化付与型
 7-3 加熱硬化付与型
 7-4 遅延硬化型
 7-5 光瞬間接着剤

8.UV硬化接着剤の使用事例

【質疑応答】

Copyright (C) 2020 NTS Inc. All right reserved.