. .
セミナー・イベントTOPへ戻る


【オンラインLive配信・WEBセミナー】
高分子難燃化技術の基礎と最新動向および今後の展望


■日時:2021年10月21日(木) 13:30〜16:15

■会場:※会社やご自宅のパソコンで視聴可能な講座です
※ お申込み時に送られるWEBセミナー利用規約・マニュアルを必ず、ご確認ください。

■定員:30名

■受講料:39,600円(税込、テキスト費用を含む)
 ※複数でのご参加を希望される場合、お申込み追加1名ごとに¥11,000加算となります

■主催:(株)AndTech

■講師:
 第1部 難燃材料研究会 会長、山口大学 大学研究推進機構 産学公連携センター 客員教授
                               博士(学術) 大越 雅之 氏

 第2部 大八化学工業(株) 商品開発部 部長 宮野 信孝 氏


∽∽───────────────────────∽∽

第1部 高分子難燃化・不燃化の基礎と最新動向


【講演主旨】

 初級から中級者向けの内容です。トピックスとして、難燃材料製品開発需要と規制動向を
取り上げます。
 高分子材料の難燃化について、(1)難燃剤毎の難燃機構、(2)臭素系難燃剤、(3)リン系
難燃剤をベースに解説します。
 評価とその規制では、(1)難燃材料の評価方法 UL-94評価方法、車載材料、繊維、電気・
電子材料等)、(2)難燃性の定量化(UL難燃性の定量化について)、(3)規制(RoHS〜Epeatまで、
アンチモン)、(4)難燃材料の製品開発動向について、分かり易く、ビデオ映像も交えて解説
いたします。

【キーワード】 

1.規制と規格状況
2.製品開発の方向性

【プログラム】

1.高分子難燃及び不燃化の基礎
 1-1 はじめに
  1-1-1 難燃材料とは
  1-1-2 難燃機構と技術概要
 1-2 臭素系難燃剤難燃機構の考察
  1-2-1 熱分解とそのタイミング
  1-2-2 分解物とその作用
  1-2-3 ラジカルトラップとチャー形成における考察
 1-3 リン系難燃剤難燃機構の考察
  1-3-1 ベース樹脂の性質
  1-3-2 リン系難燃剤の分解とその難燃性
  1-3-3 リン系難燃剤の注意点

2.難燃性の評価とその規制
 2-1 樹脂材料の難燃試験
  2-1-1 UL-94(5V改正状況)
  2-1-2 限界酸素指数
  2-1-3 コーンカロリメータ
  2-1-4その他の試験方法(発煙量、電線ケーブル試験、車両試験等)
 2-2 難燃性の定量化
 2-3 難燃樹脂の法的規制動向
  2-3-1 RoHs
  2-3-2 特化物指定の三酸化アンチモン動向
  2-3-6 その他の規制
 2-4 難燃樹脂材料の動向
  2-4-1 ハロゲン難燃樹脂の課題と開発動向
  2-4-2 ノンハロゲン難燃樹脂の課題と開発動向
 2-5 難燃剤のみらいと今後の開発方向性

【質疑応答】

 ∽∽───────────────────────∽∽

第2部 ノンハロゲン(リン系)難燃剤の技術動向および各種応用事例


【講演趣旨】

 プラスチックの燃焼は熱分解による可燃性ガスが酸化される事により、燃焼のサイクルが
継続する。難燃剤はこのサイクルを断ち切る事によって難燃性を発揮する。このサイクルの
断ち切り方によって難燃剤は大きく固相系と気相系と難燃助剤に分かれる。 今回はリン系
難燃剤の事例を中心に紹介するが、リン系難燃剤はその化学構造によって固相にも気相にも
効果を発揮する  難燃剤として研究開発が活発に行われている。
 また最近ではリサイクル性にも注目し、耐熱性、耐加水分解性にも考慮した難燃剤の開発も
行われている。

【キーワード】

リン系難燃剤、高難燃、高耐熱性、低誘電性、リサイクル性

【講演ポイント】

難燃剤は対象となる樹脂の種類により、様々な種類の難燃剤が使用されるが、最大のポイントは
臭素系、リン系も樹脂の熱分解温度と難燃剤の熱分解温度のマッチングと相溶性が重要である。
これに合わせて新規難燃剤の化合物合成が検討されている。

【習得できる知識】

・難燃材料が必要とされるマーケット分野
・難燃剤、難燃材料の種類と特性
・樹脂と添加剤(難燃剤)のコンパウンド、成型技術

【プログラム】

1.プラスチックの燃焼機構と難燃剤
 1-1 燃焼のサイクルとその難燃化方法
 1-2 臭素系難燃剤の種類及び特徴
 1-3 リン系難燃剤の種類及び特徴

2.リン酸エステル系難燃剤の開発事例
 2-1 リン酸エステル系難燃剤の特性
 2-2 電材用
 ・高耐熱
 ・耐加水分解性
 ・低誘電性リン酸エステル
  ・SR-3000
 2-3 ポリウレタン、ポリオレフィン用
 ・高含リン
 ・高難燃リン酸エステル
  ・D-850
  ・SR-8031,SR-8040
 2-4 木質材料用
 ・炭化発泡系難燃剤(SR-2520,SR-2550)
 2-5 まとめ

【質疑応答】

Copyright (C) 2021 NTS Inc. All right reserved.