. .
セミナー・イベントTOPへ戻る


【テレワーク対応・WEBセミナー】
カーボンナノチューブの可溶化・機能化・分散技術と評価方法・定量化


■日時:2020年10月30日(金) 12:30〜16:45

■会場:※会社やご自宅のパソコンで視聴可能な講座です
※ お申込み時に送られるWEBセミナー利用規約・マニュアルを必ず、ご確認ください。

■定員:30名

■受講料:44,000円(税込、テキスト費用を含む)
 ※複数でのご参加を希望される場合、お申込み追加1名ごとに¥11,000加算となります

■主催:(株)AndTech

■講師:
第1部 九州大学 カーボンニュートラルエネルギー国際研究所 特任教授 中嶋 直敏 氏

第2部 国立研究開発法人産業技術総合研究所 つくば中央第五事業所 
ナノチューブ実用化研究センター CNT評価チーム 主任研究員 小橋 和文 氏

第3部 山形大学 有機材料システム研究科 教授 Ph.D 佐野 正人 氏


∽∽───────────────────────∽∽

第1部 カーボンナノチューブの可溶化・機能化

【キーワード】

カーボンナノチューブ(CNT)の可溶化、機能化;
金属製CNTと半導体CNTの分離の最新情報;
カーボンナノチューブを用いた新しい電池材料

【講演主旨】

 カーボンナノチューブ(CNT)は、突出した特性、機能をもつ1次元導電性分子ナノワイヤーで
あるが、固体状態では強いπ?π相互作用やファンデアワールス力により束(バンドル)構造体を
形成し、溶媒には分散困難である。可溶化によりCNTの基礎物性の解明、およびその応用は飛躍的に
広がる。ここでは、CNT可溶化と可溶化CNTの複合材料(コンポジット、エネルギー材料)への応用に
ついて私たちの最新のデータをもとに講演する。

【プログラム】

1.CNTを分散/可溶化する化学物質および分散法
 1-1 CNT可溶化の重要性
 1-2 様々な可溶化の事例
2.金属製SWNTと半導体SWNTの分離
 2-1 様々な分離の事例
 2-2 私たちの最新成果
3.CNT複合材料創製
 3-1 高分子との複合化
 3-2 バイオアプリケーション
4.CNTを素材とする新しい電池材料
4-1 Pt型燃料電池
4-2 非Pt型燃料電池
5. まとめ

 
【質疑応答 名刺交換】

 ∽∽───────────────────────∽∽

第2部 高粘度液プレ分散によるCNT解繊効果とその応用


【キーワード】
カーボンナノチューブ、粘度 、 分散、 分散液、 評価

【講演主旨】

 CNT実用化の共通課題となっている分散工程で、高粘度液を用いたプレ分散を提案いたします。
 CNT粉体を高粘度液で解繊した分散液をご紹介し、分散体のサイズ・形状の評価から解繊度合いを
解説します。さらに、応用事例として導電性CNTゴム、CNT膜を取り上げ 、プレ分散による物性の
向上について述べたいと思います。

【プログラム】

1.高粘度液プレ分散によるCNT解繊効果
 1-1 CNT粉体
 1-2 低CNT濃度
 1-3 高CNT濃度
 1-4 粘度の異なる 液体
 1-5 CNT品質
 1-6 種々の市販 CNT 粉体の解繊
2.CNT分散液の評価
 2-1 分散体サイズ・形状フロー画像解析
 2-2 分散状態の定量化
 2-3 孤立分散と網目状分散
3.応用事例
 3-1 導電性CNTゴム
 3-2 CNT膜

【質疑応答 名刺交換】

 

∽∽───────────────────────∽∽

第3部 カーボンナノチューブの分散状態の評価方法

【講演主旨】

 液体中のカーボンナノチューブの分散状態を評価することは研究開発において極めて重要で
あるが、さまざまな直径や長さを持つナノチューブが混在した試料の状態を正確に評価できる
手法は無い。そこで、できるだけ多くの測定を行い、全てのデータに矛盾のない分散モデルを
考案することになる。ここでは、多くの企業で汎用的に用いられている手法をメインに説明する。
特に注意すべき点は試料に含まれる不純物の影響であり、その除去法も述べる。最後に、最近、
我々が開発したトワイライト蛍光顕微鏡を紹介する。

【プログラム】

1.様々なカーボンナノチューブ
2.不純物
 2-1 種類
 2-2 タールや灰成分の除去法(洗浄)
 2-3 タールや灰成分の除去法(燃焼)
3.実用的な分散評価法
 3-1 顕微鏡
 3-2 パーコレーション閾値
 3-3 紫外?近赤外吸収分光
 3-4 ラマン散乱
 3-5 レイリー散乱 v.s. ミー散乱
4.トワイライト蛍光顕微鏡
 4-1 観察原理
 4-2 顕微鏡の構成
 4-3 観察条件の最適化
 4-4 観察例

 

【質疑応答 名刺交換】

Copyright (C) 2020 NTS Inc. All right reserved.