. .
セミナー・イベントTOPへ戻る


費用対効果評価(日本版HTA)の基礎と実践【LIVE配信】
〜制度の本質的な理解と実務的な発想とは〜

■開催日時:2021年10月27日(水) 14:00〜16:00、2021年10月28日(木) 14:00〜16:00

■会場:【WEB限定セミナー】※在宅、会社にいながらセミナーを受けられます 

■定員:30名

■受講料:49,500円(税込、資料付き/1人)
※最新のセミナー情報を「配信可」にすると割引適用(登録無料)
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,500円(税込)から
 ・1名で申込の場合、46,200円(税込)へ割引になります。
 ・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,500円(2人目無料)です。

■備考:
資料付き
【LIVE配信セミナーとは?】

■主催:(株)R&D支援センター

■講師:
クレコンメディカルアセスメント(株)
   取締役最高業務責任者(COO) 工学修士、医学博士 小林 慎 氏

【ご専門】
 薬剤経済学、医療経済学、統計解析
【ご略歴】
 国際医薬経済・アウトカム研究学会(ISPOR)日本部会 理事・事務局長
 DPCマネジメント研究会 理事
 日本経済大学大学院ファーマシーマネジメント研究所 特任教授
 多摩大学医療・介護ソリューション研究所 シニアフェロー
 東海病院管理学研究会世話人

■趣旨:
 2019年4月から、医薬品や医療機器に対する費用対効果評価(日本版HTA)が本格導入され、
すでにいくつかの製品が費用対効果による価格調整を受けました。諸外国では費用対効果に
基づく保険収載可否判断も行われており、高価格獲得を目指す製薬・医療機器企業にとって、
費用対効果評価の知識はすでに必須のものであると言えます。しかし費用対効果評価はこれ
まで製薬・医療機器業界がなじんできた臨床エビデンスとは全く異なる手法や考え方が含ま
れており、「最初の一歩」を踏み出すためには様々な基本知識が必要となります。
 また、日本版HTAは単なるサイエンスではなく、企業にとっては行政サイドとの交渉ツール
としての側面もあります。サイエンスとしての厳格さを維持しながら、自社製品の価値を主張
するためには、学問的な知識だけでなく、制度の本質的な理解と実務的な発想が必要になります。
 本講演では、費用対効果評価の基本的な用語や考え方から、日本版HTAの仕組み、企業における
取組の方向性・課題・解決のアプローチなど、日本版HTAにおいて企業が検討すべきテーマを
幅広く網羅します。


 1.費用対効果評価(日本版HTA)の基礎
  1-1 イントロダクション〜なぜ費用対効果評価が必要なのか
  1-2 費用対効果評価の必須知識
   (1) QALY〜費用対効果評価における効果指標
   (2) ICERと閾値〜費用対効果を測るモノサシ
   (3) モデルシミュレーションによる患者の長期予後予測
   (4) 感度分析〜不確実性を考慮した費用対効果の判断
 2.費用対効果評価(日本版HTA)の実践
  2-1 日本版HTAの概要
   (1) 導入までの経緯
   (2) 選定基準
   (3) 価格調整方法
   (4) 選定から評価までの流れ
   (5) これまでの評価状況
  2-2 分析ガイドライン
   (1) 各項目の基本的考え方
   (2) 実務における重要ポイント
  2-3 日本版HTAに向けた取組のポイント
   (1) 日本版HTAの最重要ポイントは?
   (2) 分析前協議の重要性
   (3) その他

 

※リサーチ会社やコンサルティング会社の方のお申し込みはお断りさせていただくことが
 ございます。ご了承ください。

スケジュール
※多少前後する可能性がございます。
 14:00〜14:45 講義1
 14:45〜14:50 休憩
 14:50〜15:40 講義2
 15:40〜16:00 質疑応答

Copyright (C) 2021 NTS Inc. All right reserved.