. .
セミナー・イベントTOPへ戻る


シルセスキオキサンの基礎と最新応用事例

■開催日時:2020年11月13日(金) 10:30〜16:30

■会場:ちよだプラットフォームスクウェア 5F(東京都千代田区)


■受講料:48,000円 + 税    ※ 資料・昼食付

■主催:(株)シーエムシー・リサーチ

■講師:郡司 天博 (東京理科大学 理工学部 先端化学科 教授)

【講師経歴】
 1992.3 東京理科大学大学院 理工学研究科工業化学専攻博士課程修了
 1992.5 米国ウィスコンシン大学 化学科 博士研究員
 1993.4 東京理科大学 理工学部 工業化学科 助手
 1998.4  同 講師
 2003.4  同 助教授 (2007.4より准教授(名称変更による))
 2012.4  同 教授
 2017.4  東京理科大学 理工学部 先端化学科 教授(学科名称変更による)現在に至る。

【研究分野】
 有機−無機ハイブリッドの調製と性能評価 、錯体重合体の合成と機能開発

【主な所属学会】
 日本化学会、高分子学会 無機高分子研究会、ケイ素化学協会、日本ゾル−ゲル学会

■趣旨:
 ケイ素系無機材料として注目されているシルセスキオキサンについて、その合成方法や材料への
応用を、最新事例を交えて紹介する。
 特に、シルセスキオキサンの原料となるアルコキシシランの合成や反応、シルセスキオキサンの
合成と代表的な化合物の性質、シルセスキオキサンを利用する有機-無機ハイブリッド材料の調製と
応用例を中心に解説する。

■セミナー対象者:
 ・有機-無機ハイブリッド材料に興味のある方
 ・ゾル-ゲル法や前駆体法による材料調製に興味のある方
 ・金属アルコ キシドの性質に興味のある方

■セミナーで得られる知識:
 ・アルコキシシランの性質と基礎反応
 ・シルセスキオキサンの合成と応用
 ・有機-無機ハイブリッド材料への応用事例


      ※ 適宜休憩が入ります。
1. はじめに

2. アルコキシシラン
 2.1 アルコキシシランの合成
 2.2 アルコキシシランの反応

3. シルセスキオキサン
 3.1 シルセスキオキサンの合成
 3.2 シルセスキオキサンの性質

4. 有機-無機ハイブリッド材料
 4.1 シルセスキオキサンを用いる有機-無機ハイブリッドの調製
 4.2 シルセスキオキサンを用いる有機-無機 ハイブリッドの応用

Copyright (C) 2020 NTS Inc. All right reserved.