. .
セミナー・イベントTOPへ戻る


プラスチック射出成形過程の可視化とソリ変形予測技術【LIVE配信】

■開催日時:2020年11月09日(月) 10:00〜16:00

■会場:【WEB限定セミナー】※在宅、会社にいながらセミナーを受けられます 

■定員:30名

■受講料:55,000円(税込、資料付き/1人)
※最新のセミナー情報を「配信可」にすると割引適用(登録無料)
会員(案内)登録していただいた場合、49,500円(税込)へ割引になります。

■備考:
資料付き
【LIVE配信セミナーとは?】

■主催:(株)R&D支援センター

■講師:金沢工業大学 工学部 機械工学科 教授 工学博士 山部 昌 氏
金沢工業大学 ものづくり研究所 所長を兼務

1979年 : 東北大学 工学研究科 修士課程 修了
1979年 : 日産自動車(株) 入社
1996年 : 金沢工業大学に着任

■受講対象・レベル:
初心者・中級者向け、樹脂射出成形技術に携わる研究者、樹脂による部品でトラブルを経験して
いるので、その未然防止を学習したい人、CAE解析を自社内でもっと有効に活用したい人など

■趣旨:
射出成形品はその成形過程の履歴(流動・固化)により、高分子鎖が強く配向し、このために離型後に
変形が生ずる。ここではその挙動を可視化し、メカニズムを明らかにするとともに、残留応力を
定量化する実験的手法を紹介する、 また流動解析(CAE解析)によるそり変形解析の精度低下
要因とも関連つけて述べる。


1.はじめに 

2.射出成形CAE解析とは 
  2-1.射出成形CAEの現状
   2-1-1.流動解析
   2-1-2.流動解析と伝熱解析
   2-1-3.ソリ変形解析

3.射出成形品のソリ発生要因
  3-1.ソリ発生要因
   3-1-1.熱要因 
   3-1-2.流動要因
   3-1-3.ソリ解析精度低下要因
  3-2.解析精度向上のために
   3-2-1.成形品の物性測定(熱ひずみ測定)
   3-2-2.線膨張係数の算出
   3-2-3.線膨張係数の予測方法
   3-2-4.成形品の物性測定(分子配向度)
   3-2-5.線膨張係数と分子配向度
   3-2-6.線膨張係数の異方性と分子配向度

4.金型内可視化実験
  4-1.実験装置概要 
   4-1-1.可視化原理
   4-1-2.可視化金型構造
   4-1-3.PIV法
  4-2.可視化実験  
   4-2-1.板厚方向可視化観察結果
   4-2-2.可視化観察からの知見
  4-3.可視化実験と流速分布 
   4-3-1.流速分布とせん断力 
   4-3-2.せん断ひずみエネルギーの算出方法

5.ソリ解析精度向上への取り組み
  5-1.分子配向度と線膨張係数比
   5-1-1.線膨張係数の定義
   5-1-2.解析モデルと解析結果の評価 
  5-2.固化層の成長と流動解析 
   5-2-1.固化層の成長測定結果  
   5-2-2.固化層成長を考慮した流動解析

6.ガラス繊維含有品のソリ変形挙動 
  6-1.リブ付平板でのソリ変形挙動
   6-1-1.繊維有無によるソリ変形の差異実験と結果
  6-2.ガラス繊維の配向測定
   6-2-1.X線CTと画像処理技術を駆使した配向測定

7.いろいろな可視化画像の紹介 
  7-1.ゲート部の樹脂流れ
  7-2.ウェルド部の樹脂流れ
  7-3.シボ部の樹脂流れ
  7-4.金型界面の樹脂挙動
  7-5.インサート品の樹脂流れ
  7-6.流動中のガラス繊維配向観察
  7-4.発泡成形における気泡成長


Copyright (C) 2020 NTS Inc. All right reserved.