. .
セミナー・イベントTOPへ戻る


水素エネルギーの中国市場トレンド【LIVE配信】

■開催日時:2021年11月19日(金) 13:30〜16:30

■会場:【WEB限定セミナー】※在宅、会社にいながらセミナーを受けられます 

■定員:30名

■受講料:49,500円 (税込、資料付き/1人)
※最新のセミナー情報を「配信可」にすると割引適用(登録無料)
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,500円 (税込)から
 ・1名で申込の場合、46,200円(税込)へ割引になります。
 ・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,500円 (2人目無料)です。


■備考:
資料付き
【LIVE配信セミナーとは?】

■主催:(株)R&D支援センター

■講師:沖為工作室合同会社 CEO MBA 沖本 真也 氏

【ご専門】次世代技術市場調査(LiB、6G、マイクロLED等)

【ご略歴】
1998年 桐蔭学園高等学校理数科卒業。
大学で文学士(英米文学科専攻)を取得後、社会人として働きながら米国大学でMBA取得。
2003年 社会人として主に営業職として従事。製造業界において複数の企業で新製品の開発および
上市業務を担当。プラスチック製品メーカーでは物流用プラスチックパレット「スキレッター」の
開発から上市まで営業職として関わり、開発者の一人として特許登録。自動車業界では主にドイツ
自動車メーカーに対し内装部品の加飾技術の提案を行う職務につき、水圧転写や本杢インモールド
成型などの工業化に従事。市場調査業界では、主にトレンドフォース社、ケリーサイエンティ
フィックパブリケーション社等の海外調査会社やマイクロバイオーム、5G、マイクロLED等の市場
調査のマーケティングを手掛け、業界団体を巻き込んでマーケットの活性化に従事。
2020年 沖為工作室合同会社を設立。製造業界や市場調査業界で培ったネットワークを生かし、
マイクロバイオーム、5G(6G)、マイクロLED、自動運転、車載用バッテリーなどの先端技術の市場
分析を提供。

■趣旨:
 2021年7月に欧州連合は温室効果ガスの排出量を大幅に削減するために、さらに新しい目標を
設定しました。グローバル市場全体としても、これからこうした厳しい環境規制の影響を受ける
ことが想定されます。このトレンドはSDGs等を念頭に置いた環境問題とも連動しつつ、デジタル
技術が社会を刷新していく流れの中で、新たな産業の創出をすることが21世紀の存在意義として
認識されるようになってきていることが背景にあります。こうした背景において、水素は脱炭素化
社会に大きく貢献できる技術として注目されており、水素製造や水素燃料を巡る取り組みがすでに
進められているのは周知の事実です。
 中国でもFCVのバスやトラックへの採用の取り組みがすでに進められており、水素燃料電池車
以外でも、水素発電、石油精製、化学プロセス等への用途開発が進められています。また再生可能
エネルギーとしての水素は、水素製造から貯留、輸送、エネルギー使用産業等をはじめ、すそ野の
広い用途が想定されています。本講演では水素エネルギー産業の中国市場についてデモンストレー
ション例や具体的な政策などを紹介しながら、将来の市場規模予測まで最新トレンドを発表いたし
ます。



1.水素エネルギーの中国市場トレンド
 1-1 世界の水素エネルギー産業動向
 1-2 中国の水素エネルギー産業動向
 1-3 政策環境
 1-4 中国水素エネルギー産業と地方計画

2.水素技術トレンド
 2-1  製造技術
 2-2  貯蔵
 2-3  輸送
 2-4  IoT技術

3.アプリケーショントレンド 
 3-1 水素ステーション
 3-2 水素燃料電池車
 3-3 水素発電
 3-4 化学プロセス(アンモニア/肥料製造)
 3-5 その他

4.市場規模分析
 4-1  水素製造
 4-2  水素貯蔵・輸送産業
 4-3  水素を利用する産業
 
5.主要企業分析
 5-1 中国石化





6.まとめ

Copyright (C) 2021 NTS Inc. All right reserved.