. .
セミナー・イベントTOPへ戻る


5G/5G beyondにおけるMassive MIMOとビームフォーミング技術

■開催日時:2020年5月12日(火) 13:30〜16:30 

■会場:『ちよだプラットフォームスクウェア』 (東京都千代田区)

■受講料:42,000円 + 税(資料付き/1人)

■主催:(株)シーエムシー・リサーチ

■講師:西森 健太郎 氏  新潟大学 工学部 研究教授

【講師経歴】
 1996年 名古屋工業大学大学院 工学研究科 博士前期課程 修了
 1988年 日本電信電話 入社
 2003年 名古屋工業大学 博士(工学)
 2006年 デンマーク オールボー大学 客員研究員
 2009年 新潟大学 准教授
 2019年 新潟大学 研究教授 現在に至る

【活 動】
 電子情報通信学会,IEEE会員、2015-2017年 電子情報通信学会 アンテナ・伝播研究会 幹事、
2017-2020年 International Symposium on Antennas and Propagation 2020, Secretary、
2018-2020年 電子情報通信学会 通信ソサエティ副編集長

【著 書】
 「マルチユーザMIMOの基礎」
 「超進化802.11高速無線LAN教科書 MIMOからMassive MIMOを用いた伝送技術とクロスレイヤ
評価手法」

■趣旨:
 第5世代移動通信(5G)システムでは,基地局のアンテナ数をユーザ数よりも多くするMassive 
MIMOと呼ばれる技術が注目されている。Massive MIMOではビームフォーミング技術が要素技術と
なっている。また,電波の到来方向推定を行うことも重要となっている.本セミナーでは,
5G/5G beyondの動向からビームフォーミング・到来方向推定技術について基礎から解説すると
ともに,最近注目されているブラインド信号処理技術について説明する。

■セミナー対象者:
 工学部系の大学院生,無線通信関係の初学者。

■セミナーで得られる知識:
 MIMO伝送の基礎


       ※ 適宜休憩が入ります。
1. 5G/5G beyondにおけるビームフォーミング技術におけるMassive MIMOの役割
 1.1 5Gシステムの動向と5G beyondについて
 1.2 Massive MIMOとビームフォーミング技術
 1.3 今後想定されるシナリオと技術課題

2. MIMO/Massive MIMOにおけるビームフォーミング技術
 2.1 ビームフォーミングの基本概念
 2.2 技術分類と用途
 2.3 Zero forcing / MMSE
 2.4 到来方向推定を用いるビームフォーミング技術(MSN, DCMP)

3. 到来方向推定技術
 3.1 ビームフォーマー法
 3.2 MUSIC法
 3.3 最尤推定法
 3.4 圧縮センシングを用いた到来方向推定法

4. ブラインド信号処理によるビームフォーミング技術
 4.1 ブラインド信号処理の必要性
 4.2 従来のブラインドビームフォーミング技術(CMA/パワーインバージョン)
 4.3 独立成分分析(ICA)を用いたブラインドビームフォーミング技術
 4.4 5G/5G beyondにおけるブラインドビームフォーミング技術

5. 今後の展開

Copyright (C) 2020 NTS Inc. All right reserved.