. .
セミナー・イベントTOPへ戻る


UWB(超広帯域)無線のビジネス最前線
− 技術、応用、法制化、標準化、市場の全貌 −

■開催日時:2020年5月28日(木) 13:30〜16:30

■会場:本セミナーは、当日ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったウェビナー
(ライブ配信セミナー)となります。
同日同時間帯に開催予定のセミナーが変更になりました。
お申込み後、視聴用のURLを別途メールにてご連絡いたします。

■受講料:44,000円 + 税 /1人

■主催:(株)シーエムシー・リサーチ

■講師:河野 隆二 氏
横浜国立大学大学院 工学研究院 知的構造の創生部門 教授、
社会・自然科学(文理)融合による新医療システム研究の卓越拠点 拠点長、
かながわ医療機器レギュラトリーサイエンスコンソーシアム 会長、
フィンランド・オウル大学 Faculty of Information Technology and Electrical Engineering, 
Distinguished Professor 兼務

■趣旨:
 5G、iPhone11、キーレスエントリーのリレーアタック対策、自動運転用レーダー、地中レーダー、
医療応用などへの超広帯域(Ultra Wide Band; UWB)無線の導入が国内外で沸騰している。その理由
に、マイクロ波帯UWB によるAppleのUWBチップ利用AireDrop、ミリ波帯UWBによる衝突防止レーダー
などの市場拡大、電波法の改正による、元々超高速伝送、超高精度測距測位、情報セキュリティ
などのUWB無線の他では達成できない利点が再認識されている。技術だけでなく国際標準化による
ビジネス面での好機である。本講座では、UWB無線の最新のビジネスチャンスに焦点を絞り、UWB
無線の新規技術、電波法改正、標準化更新、新規ビジネス創生の全貌を詳細に解説する。
受講者には、UWB無線の第一人者と自負する講師が、講座後のビジネスコンサルテーションの機会を
提供する。

■セミナー対象者:
 ・iPhone, Smart Phone、Keyless EntryなどのIoT家電のUWBチップ応用による独自サービス開発と
国際標準化による超高速超高信頼データ伝送、超高分解能測位測距などの新たな世界市場でビジネス
を企画する研究開発、技術営業・自動車メーカ、カーエレクトロニクスのTier1,2,3などの、UWBの
衝突防止レーダー、遠隔自動車モニタリング・遠隔制御、車内無線ネットワークなどの自動車応用
分野の研究開発、技術営業・ヘルスケア・医療機器の高信頼化、高機能化を研究開発、製造販売する
医療機器メーカやその部品・センサ・モジュールを供給するベンダー・UWB技術に関する電波法に
関わるARIB、総務省電波行政関連部署の技術職、キャリア、各社技術適合証明やレギュレーション
担当者・道路(NEXCO)、橋梁、ビル(ゼネコン)、線路(電鉄)および、それらのメインテナンスに
関わる公共機関、下請け事業者・ドローン、運送事業者専門技術者よりも、技術営業、新規ビジネス
発掘担当、5Gや4k・8kテレビビジネス、医療や自動車・カーエレクトロニクスに何とか参加する
意欲のある新規参入者に是非、受講いただきたい。もちろん、技術者には更なる高みを目指す方向性
や解決すべき技術課題など、研究開発のネタを提供します。

■セミナーで得られる知識:
 新規ビジネスの壺となるUWB無線の神髄、究極の無線としての通信以外の応用、ビジネスに必須な
UWBに関する最新の電波法、国際標準化の詳細、動向


※ 適宜休憩が入ります。

1. なぜ、また超広帯域(Ultra Wide Band;UWB)無線?
 ・なぜ、iPhone11、キーレスエントリー、カーレーダー他に採用・公開情報の裏にある本当の
  理由とは。
2. 今こそ、UWB無線のビジネスチャンスは?
 ・UWB無線の原理や利欠点の本質を理解し、新たな応用、新規ビジネス

3. UWB無線の電波法改正による新局面
 ・屋外応用への突破口。諸外国との共通性と特異性がビジネスチャンス

4. UWB無線に関連する国際標準化動向、どこがビジネスチャンスとしてどこが目をつけているのか?
 ・世界動向、特に大手がUWBを採用する理由と、寡占化か標準化か?

5. UWB無線でビジネスの切り札となる技術
 ・なぜ、今までブレークしなかったかの理由と、そのブレークスルーは?
 ・UWB無線を大量導入するためのデバイス、モジュール、アンテナのベンダーは?
 ・Tier1以外にもTier2,3にビジネスチャンスはある。
 ・UWB無線の物理層を前提にしたLayer1,2,3とAI/データサイエンスのユニバーサルプラットフォーム

6. 入手可能なUWBチップ、モジュールは?
 ・各機能・性能・用途に応じたUWBチップおよび、開発用モジュール、開発ソフト、UWBアンテナなど

7. 医療、自動車、インフラ、流通、エネルギー、防災、スポーツの他業種のコア技術、コア特許
 ・多様な応用、ユースケースに共通なコア技術と特許、サプライ・サービスチェーン(リスク分散・
  利益分配)

8. 日本国内、欧州、北米、東アジア、東南アジア、中東、アフリカ、南米、スカンジナビアの
  ビジネスオポチュニティ、新規ビジネス戦略
 ・先進国用ばかりでなく、途上国ならではのニーズ、廉価超多数導入など。

9. UWB無線のビジネスコンサル致します。先読み。
 ・5G、キーレスエントリーから、工場IoT、医療BANなどなど、次は何? 次の次は?

Copyright (C) 2020 NTS Inc. All right reserved.