. .
セミナー・イベントTOPへ戻る

正味現在価値、ROI、回収期間等の投資効果の感度分析ができるExcelシミュレータを提供します!!
Excel実習付!!  ノートPCをご持参ください。


現場で直面する課題を1日で学べる!経済性工学実践セミナー

■開催日時:2020年05月25日(月)10:30〜16:30

■会場:江東区産業会館 第6展示室

■定員:10名

■受講料:55,000円(税込、資料付き/1人
※最新のセミナー情報を「配信可」にすると割引適用(登録無料)
会員(案内)登録していただいた場合、49,500円(税込)へ割引になります。

■主催:(株)R&D支援センター

■講師:ぷろえんじにあ 代表 粕谷 茂 氏(機械・総監技術士)
山口大学 創成デザイン工学講座講師
神奈川県 開発アドバイザー(水素・燃料電池)
韓日技術協力財団 技術アドバイザー
<略歴>
・ソニー株式会社にて、ウォークマン、TV&VTR、産業用ロボットの開発、半導体生産システムの
 開発
・富士ゼロックス株式会社にて、プリンタ生産システム開発、人材開発戦略、教育講座企画、
 TRIZの普及活動
・ぷろえんじにあを設立し、技術及び人財開発支援、大学講師、NEDO・ものづくり補助金・高度化
 事業評価委員
<主な著書等>
・SEのスピード発想術(技術評論社)
・図解これで使えるTRIZ/USIT(JMAM) 
・プロエンジニア -コンピテンシー 構築の極意-(テクノ)
・日刊工業新聞、ものづくりドットコム等の記事

■受講対象・レベル:
研究・技術者および技術管理者

< 主な受講者の声 >
・意思決定の優先順位の勘違いに気づきました。
・感度分析の重要性を納得できました。
・埋没原価、機会原価等の重要性を理解できました。
・利益に直結する会計の原理原則も学べました。

■習得できる知識:
・特に必要ありません。
・事前に「経済性工学の基本」を配布します。
・Excel演習のため、ノートPCを持参願います。

■趣旨:
経済性工学とは、利益の最大化、費用の最小化を目的として、将来に向け経済的に有利な意思決定を
するための損得計算のことです。利益に結びついた解決策は、意思決定の原理原則、代替案との
差異に注力することです。
いままでのセミナーと何処が違うのか?ポイントは次の通り。
 1. 30年蓄積した利益創出のための実践スキルを公開します。
 2. ExcelのROIシミュレータ演習で、実践力を体得します。
 3. 利益に繋げるため、投資効果だけでなく、会計の間違いやすいポイントも学べます。


1.はじめに(研修の狙い)

2.これだけは外せないコストマネジメント
 2-1. コストとは(B/L、P/L からの視点)
 2-2. 財務3表の概要を知っておこう
 2-3. 会計の本質
 2-4. 製造原価とは
 2-5. 生産性とは
 2-6. 損益分岐点とは
 2-7. プロダクトミックス
 2-8. 手余りと手不足問題
  演習1

3.技術経営に最低限必要な経済性工学 
 3-1. 損得計算の意味
 3-2. 現価、年価、終価とは
 3-3. 経済性工学の原理原則
 3-4. 正味現在価値法 NPV
 3-5. 内部収益率法 IRR
 3-6. 投資回収期間法
 3-7. 投資効果測定法の特徴
 3-8. フリーキャッシュフローによるDCF法
 3-9. 設備の取替問題と財務会計上の損失

4.業務テーマの例題(後半)
 4-1. 独立案、排反案、混合案の投資効果  演習2
 4-2. DCF法を用いたSWの開発投資分析  演習3
 4-3. 内外製と遊休設備投資効果分析  演習4
 4-4. 内外製と遊休設備 演習5

5.まとめ

【質疑応答・名刺交換】


Copyright (C) 2020 NTS Inc. All right reserved.