. .
セミナー・イベントTOPへ戻る


熱可塑性複合材料の基礎と用途開発へのアプローチ

日 時:2019年06月21日(金) 13:30-16:30

会 場:高砂ビル 2F CMC+AndTech FORUM セミナールーム【東京・千代田区】

定 員:25名

受講料:27,000円(税込、テキスト費用を含む)
 ※複数でのご参加を希望される場合、お申込み追加1名ごとに¥10,800加算となります

主催:(株)AndTech

講師:帝人(株) 炭素繊維事業本部 営業部門 成形材料営業部 
      成形材料ソリューション課 乾 久之 氏


【講演趣旨】
 熱可塑性複合材料の基礎的な知識として、その種類や製造方法についてのご紹介およびそれぞれの
利点と課題についてご説明致します。
 また、用途開発へのアプローチとして、今後熱可塑性複合材料の採用が拡大すると考えられている
電動自動車(EV,HEV,PHEV,FCV)市場への参入課題とその可能性についてご説明致します。
 そして、市場で受け入れられる為の製品コスト及び、材料同様にその大きな部分を占める成形加工に
ついてご紹介したいと思います。

【キーワード】
1. カーボン
2. CFRP/CFRTP
3. 熱可塑性プリプレグ


1. 熱可塑性複合材料の基礎
 1-1 複合材料とは
 1-2 熱可塑性複合材料の種類
 1-3 熱可塑性複合材料の製造方法
 1-4 各材料の利点と課題

2.用途開発へのアプローチ
 2-1 複合材料のマーケット
 2-2 用途例(熱硬化性,熱可塑性)
 2-3 熱可塑性複合材料のターゲット
 2-4 各用途へのアプローチ

3.自動車用途について
 3-1 EVシフトと各国の動向
 3-2 マルチマテリアル
 3-3 マルチマテリアル化に必要な接合技術

4.成形加工について
  4-1 CFRPとCFRTPの成形加工法
  4-2 成形コスト
 4-3 量産化の課題

【質疑応答 名刺交換】

Copyright (C) 2019 NTS Inc. All right reserved.