. .
セミナー・イベントTOPへ戻る

AIが発達する中で生き残るためには?
医薬品産業における活用事例を盛り込みながら解説!


医療業界におけるAIを用いたマーケティングの活用(基礎)

■開催日時:2020年07月07日(火)12:30〜16:30

■会場:商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 研修室

■定員:30名

■受講料:49,500円(税込、資料付き/1人)
※最新のセミナー情報を「配信可」にすると割引適用(登録無料)
会員(案内)登録していただいた場合、46,200円(税込)へ割引になります。

■主催:(株)R&D支援センター

■講師:Open Medical Consulting 代表 新 隆文 氏
(元 武田薬品、日本ロシュ、BD,マイラン、ボシュロム等で事業部長、マーケティング本部長)

【学位】MBA
【専門】マーケティング、事業戦略立案、新規事業立ち上げ
【経歴等】
1984年慶應義塾大学卒業。
1995年Ashridge MBA卒業。
大学卒業後、武田薬品で国内営業および海外営業に携わり、その後大手外資製薬会社、大手医療
機器会社で事業部長、マーケティング本部長、事業開発部長を歴任。

2011年より、Open Medical Consultingを代表者として主催。製薬、医療機器企業をはじめ医療
機関の経営コンサルティングを行う。
また、2017年より、AKTコンサルティンググループ株式会社の代表取締役会長を務める。

【活動等】
セミナー講演 営業、マーケティングのトレーニングKOL マネージメントシステムの作成、販売 
病院管理システムの作成、販売
市場調査 製薬・医療機器会社のコンサルティング 医療機関・調査委薬局のコンサルティング

■習得できる知識:
@ AIの基本知識について
A 今後の医療業界でおこりうることを予測する方法
B 医療業界の現状の取り組み

■趣旨:
 コンサルタントとして独立して9年目、その中で、この5年間の大きな動きは、コンサルティングを
行うにあたって経験値より、よりデータでの予測に趣が置かれるようになったということがあります。
これは、機械学習の発達により、ビッグデータが解析できるようになり、よりデータ分析に基づく
コンサルティングが重要視されたということです。
 AIで何ができるかを理解し、それをどのように活用すべきかのアイデアを提供いたします。
今後医療産業が大きく変化する中、AIの基礎として、この講義を受けていただけたら幸いです。

機械学習がなぜ医療業界に変革をもたらすのか、また、それにより
 @ どのような新たな市場が生まれるか?
 A 患者にとってのメリットは?
 B AIが発達する中で生き残るためには?
 C 新たな取り組み(具体例)
 D 他業界からの参入
 E 自由診療の発達とAI
  これらを解説する。


 1.はじめに
   AIと機械学習の違いは?

 2.ビッグデータとは?
   2-1 ビッグデータ収集方法の現状
   2-2 日本の医療制度の特殊性とデータ

 3.AIの活用事例
   3-1 医薬品産業における活用事例
   3-2 新規参入者企業の事例
   3-3 電子カルテとビッグデータ

 4.今後の医療産業の変化
   4-1 患者にとってのメリットは
   4-2 医療機器、製薬企業等の変化予測
   4-3 医療費削減とAI

 5.まとめ

 【質疑応答・名刺交換】


Copyright (C) 2020 NTS Inc. All right reserved.