. .
セミナー・イベントTOPへ戻る


【テレワーク対応・WEBセミナー】
光ワイヤレス(無線)給電技術の基礎と応用領域・エネルギー伝送特性、
安全性、応用例、今後の課題


■日時:2020年08月27日(木) 13:30〜16:30

■会場:※会社やご自宅のパソコンで視聴可能な講座です
※ お申込み時に送られるWEBセミナー利用規約・マニュアルを必ず、ご確認ください。

■定員:30名

■受講料:【1名の場合】33,000円(税込、テキスト費用を含む)
2名以上は一人につき、11,000円が加算されます。 
※2名以上ご要望の場合は2名を選択し、備考欄にその旨お書きくださいませ。

■主催:(株)AndTech

■講師:
東京工業大学 科学技術創成研究院 未来産業技術研究所 准教授  宮本 智之 氏 

【講演主旨】

機器に残る配線といえる給電も、ワイヤレス化することで、機器やサービスを発展させられる
可能性がある。光無線給電は、既存の無線給電方式に比べて長距離給電可能、電磁波漏洩が
ないなどから有望である。しかし一方で、基本技術はそろっているもののこれまでの検討事例は
まだまだ少ない。
そこで、光,ワイヤレス(無線)給電の優位性と課題、デバイスや光無線給電システムの研究状況
などの最新動向をまとめ、今後の発展性を議論する。



1 無線化社会の期待
 1.1 通信は無線化が進展
 1.2 給電は残された有線: 
 1.3 これまでの無線給電とその課題

2 光ワイヤレス(無線)給電とは
 2.1 光を用いた給電
 2.2 光ビームを用いる光無線給電
 2.3 光ファイバを利用する光給電

3 光ワイヤレス(無線)給電に関する基本原理
 3.1 太陽光と光無線給電用光源の違い
 3.2 太陽電池の基本
 3.3 光源の基本
 3.4 光ワイヤレス(無線)給電に適した太陽電池
 3.5 半導体レーザの効率
 3.6 光ワイヤレス(無線)給電の給電効率

4 光ワイヤレス(無線)給電の構築と課題
 4.1 光ワイヤレス(無線)給電の構成
 4.2 光ワイヤレス(無線)給電の様々な構成
 4.3 光ワイヤレス(無線)給電の研究開発事例
 4.4 光ワイヤレス(無線)給電の安全性

5 まとめ

【質疑応答】

Copyright (C) 2020 NTS Inc. All right reserved.