. .
セミナー・イベントTOPへ戻る


Injectableハイドロゲルが分かる一日速習セミナー

■開催日時:2020年8月3日(月)10:30〜16:30 

■会場:『ちよだプラットフォームスクウェア』 (東京都千代田区)

■受講料:46,000円 + 税(資料・昼食付き/1人)

■主催:(株)シーエムシー・リサーチ

■講師:伊藤 大知 氏  東京大学 大学院医学系研究科 准教授

【講師経歴】
 1996年3月 東京大学 工学部 化学システム工学科 卒業
 1998年3月 東京大学大学院 工学系研究科 化学システム工学専攻 修士課程修了
 1998年4月-2001年3月 東レ 液晶材料技術部
 2002年4月 日本学術振興会・特別研究員DC1
 2004年9月 東京大学大学院 工学系研究科 化学システム工学専攻 博士課程修了
 2004年10月〜2006年8月 米国 マサチューセッツ工科大学 化学工学科 博士研究員
 2006年9月 東京大学大学院 工学系研究科 助手
 2007年4月 東京工業大学 資源化学研究所 助教
 2009年2月 東京大学大学院 医学系研究科 附属疾患生命工学センター 准教授
 2009年4月 東京大学大学院 工学系研究科 化学システム工学専攻・准教授(兼担)、
       東京大学大学院 工学系研究科 バイオエンジニアリング工学専攻・准教授(兼担)

【所属学会】
 化学工学会、膜学会、生物工学会、バイオマテリアル学会、再生医療学会

■趣旨:
 Injectableなハイドロゲルは、医療分野において、腹腔鏡や内視鏡で様々な応用が期待されて
います。腹膜癒着防止材、止血材(剤)、組織接着材などの用途とともに、ドラッグを封入して
徐放するDDS担体、細胞を封入して再生医療に応用するスキャフォールドなどの用途が期待されて
います。
 Injectableゲルは架橋剤と混合してゲル化する2液性のタイプと、温度やpH変化によりゲル化する
1液性のタイプがあります。いずれもゲル化速度が非常に速いことが特徴であり、成型プロセスに
より様々な形態を与えることができます。このため生体内でのin situ架橋に止まらず、アトマイ
ジングプロセス・バイオプリンティング・凍結乾燥プロセスといった様々なプロセス技術と組み
合わせることで、機能性材料を作り出す宝庫になります。講演者の具体的な事例を中心に示しながら、
本講座ではこれらをコンパクトにご紹介します。

■セミナー対象者:
 新たにハイドロゲルを開発されたい方
 ハイドロゲルのプロセッシングにご興味のある方
 ハイドロゲルの医療応用に関心のある方

■セミナーで得られる知識:
 ハイドロゲルの化学、ハイドロゲルの物性評価、ハイドロゲルの化学工学、ハイドロゲルの医療
応用、低侵襲治療、再生医療、DDS


※ 適宜休憩が入ります。

1.injectableハイドロゲルの基礎
 1-1 injectableハイドロゲルとは
 1-2 骨格ポリマー
  1-2-1 合成高分子
  1-2-2 多糖類
  1-2-3 タンパク質・ペプチド・DNA
 1-3 in situ架橋反応
  1-3-1 化学ゲル:有機合成反応
  1-3-2 化学ゲル:酵素反応
  1-3-3 物理ゲル:イオン架橋
  1-3-4 物理ゲル:温度変化
  1-3-5 物理ゲル:その他
2.ゲル化プロセスと形状制御
 2-1 2液混合とスタティックミキサー
 2-2 微粒化:アトマイザーとエレクトロスプレー
 2-3 乾燥多孔化:凍結乾燥
 2-4 微細加工:バイオプリンティング

3.癒着防止材・止血材(剤)への応用
 3-1 腹膜癒着とは
 3-2 injectableゲルによる癒着防止
 3-3 止血材との関係
 3-4 injectableゲルによる止血
 3-5 ダブルスプレーによる積層構造の構築
 3-6 凍結乾燥プロセスによる積層スポンジの開発

4.再生医療/組織工学用足場材料への応用
 4-1 組織工学における3次元組織の構築戦略
 4-2 モールド材料としての利用
 4-3 ゲル中の血管新生
 4-4 in situ conjugationによる時間制御の試み
 4-5 バイオプリンティングによる3次元空間制御

5. DDS担体への応用
 5-1 がんの腹膜播種
 5-2 injectableゲルと局所徐放のストラトジー
 5-3 シスプラチンの徐放事例

Copyright (C) 2020 NTS Inc. All right reserved.