. .
セミナー・イベントTOPへ戻る


5G高度化と6Gで求められる材料の技術動向、及び実用化に向けての材料設計

■開催日時:2020年8月21日(金)10:30〜16:30

■会場:『ちよだプラットフォームスクウェア』 (東京都千代田区)

■受講料:48,000円 + 税    ※ 資料・昼食付/1人

■主催:(株)シーエムシー・リサーチ

■講師:高橋 昭雄 氏  横浜国立大学(元教授) 産学官連携研究員 工学博士

【講師経歴】
 日立製作所で35年の研究開発の後、横浜国立大学、工学研究院の教授を経て現在に至る。
電子・電気分野を中心にした高分子材料及び高分子化学を専門とする。
 エポキシ樹脂技術協会副会長、SiC等大電流パワーモジュール用実装材料評価プロジェクト
(通称:KAMOME-PJ)リーダー、全国発明賞、エレクトロニクス実装学会技術賞、同論文賞ほか受賞。

【研究歴】
 エレクトロニクス実装材料及び技術、高分子材料特に熱硬化性樹脂

【所属学会】
 エレクトロニクス実装学会、高分子学会

【著 書】
 1. エレクトロニクス実装用高機能性基板材料、シーエムシー出版(2005)
 2. 高機能デバイス封止技術と最先端材料、シーエムシー出版(2009)
 3. 高機能デバイス用耐熱性高分子材料の最新技術シーエムシー出版(2011)他

■趣旨:
 通信規格5Gの適用が始まり、5年から10年先を見据えた5G高度化と6Gに向けての技術開発が
始まっている。50GHzから100GHz更には300GHzの高周波数帯域での実施が計画されている。
大容量の信号伝送を超遅延で実現するために、プリント配線板を含むエレクトロニクス実装
技術には、超高密度化が可能でかつ高周波特性に優れた材料が要求される。本セミナーでは、
これらを実現する低誘電特性樹脂及び積層材料について解説する。特に、開発過程で良く
経験する問題とその取り組みについても述べる。具体的には、分子設計と合成、狙った特性の
再現性と潜む課題及び解決策についてQ&Aを交えて行う。

■セミナー対象者:
 エレクトロニクス用材料の開発技術者、研究員、新人の教育

■セミナーで得られる知識:
 5G高度化、6Gに向けて要求される高周波材料の基礎知識、ベースとなる高分子材料、評価方法など


※ 適宜休憩が入ります。

1. 変革が進む社会インフラとエレクトロニクス実装技術
 1.1 エレクトロニクス実装とプリント配線基板の変遷
 1.2 IoT、AI、自動運転そして5G時代を支えるエレクトロニクス実装技術
 1.3 5Gの高度化と6Gに求められるプリント配線板の性能
2. 低誘電特性プリント配線板材料の各社の取り組み
 2.1 高周波用基板材料の状況
 2.2 高速サーバ用基板、高速ルータ用基板、車載レーダ用基板
 2.3 ハイブリッド化による各種用途への対応

3. 低誘電特性熱硬化性樹脂の具体的開発事例
 3.1 低誘電率樹脂の分子設計と合成及び多層プリント板の開発
    マレイミド・スチリル(MS)樹脂の例
  3.1.1 基本樹脂成分の設計と合成
  3.1.2 各樹脂成分間の反応と特性のバランス
 3.1.3 積層材料への応用と多層プリント板の開発
 3.2 低誘電正接樹脂の分子設計と材料設計
    スチリル系低誘電特性材料の例
 3.3 プリント配線板への適用上の課題と対策

4. 最新の技術動向
 4.1 エポキシ樹脂の低誘電率、低誘電正接化
 4.2 熱硬化性PPE樹脂の展開
 4.3 マレイミド系熱硬化性樹脂の展開
 4.4 高周波用プリント配線板応用の共通の課題と対策

5. その他

 Q&A

Copyright (C) 2020 NTS Inc. All right reserved.